こども風土記 柳田國男(29)

今日は柳田國男の「こども風土記」その29を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
子どもの特徴は、大人の行動を模倣したのちにそれを遊びとして改良することだと、いう指摘のあとに「姉さまごと」という謎の言葉が登場します。調べてみると、辞書にも載ってました。大辞泉すごいですね、こんな誰が使うんだという言葉をちゃんと載せている。
 
 
あと「バエバエゴク」というムチャクチャにレアな方言については『日本語コロケーション辞典』というネット上のロボットが作った辞書がこれを記載していました。たぶん自動処理で言葉の意味を同定し転載しつつ纏めているサイトなんだと思います。柳田はこう記します。
 

たとえば備前の邑久おく郡などで、ままごとをバエバエゴクというのは、かまの下にく火を形容した小児語がもとらしい。
 
 
柳田は、子供が光るものに夢中になるという特性について指摘しています。この辺りの考察は読んでいて、今回とくに面白かったです。そういえば現代も、子供用の玩具で人気なものはピカピカ光りますよ。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki29.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





頸の上のアンナ チェーホフ

今日はチェーホフの「頸の上のアンナ」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 

ほとんどおじいさんみたいな紳士と、幼く貧しい女が結婚をした。それから……という話しなんですが。
 
 
チェーホフは、みずみずしい少女を描くのが上手いんです。本文こうです。
 

 新夫婦は修道院で二日を送って、都会に戻って来た。二人は官舎に住んでいた。モデスト・アレクセーイチが役所に出掛けた後では、アーニャはピアノを弾いたり、淋しさに泣いてみたり、寝椅子に横になって小説を読んだり流行雑誌の頁を翻したりして時をつぶした。
 
 
ここから先の描写が秀逸なんです。泣いたり怖がったりするヒロインなんですけど、少女の移り気な心情がみごとな文章に転化していて、読んでいてみとれました。
 
 
日本で言うところのハレとケガレの、この心情の差異の表現がすてきで、暗い心情で家に篭もっているところから、ダンスを楽しむまでの描写がすごいんです。貧しい娘と舞踏会という組み合わせは、物語の王道だなと思いました。ファンタジーと異なっているのは、チェーホフが「あの媚びるような、甘い奴隷的崇敬の表情をして彼女の前に立つのであった。」というように書くところとか、オチがアンチクライマックスになっているところだなあとか、思いました。ラストのヒロインの描写が、なんともいえず軽妙なんです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/kubino_ueno_anna.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





ハイネ詩集(65)

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その65を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ハイネ詩集は200年前のものですから、今の時代には理解しがたいことも書いているんですけど、読んでいると聖書のことを幾度も書いています。ちょっと気になって聖書がどの時代によく読まれていたのか調べたんですけど、21世紀に入ってからもやっぱり聖書がいちばん売れて(配布されて)いて、たったの1年間で6億冊くらい配布(販売)されているそうです。
 
 
作中のソロモンについては、wikipediaもご覧ください。
 
  


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine65.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら

全文通読はこちら

ヨコ書きはこっち




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





こども風土記 柳田國男(28)

今日は柳田國男の「こども風土記」その28を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
柳田國男が、子どもたちの年齢差を明確にしている、そういう習俗について書いているんですけど、これは現代にも存在する問題だ、と思いました。今でも753とか、義務教育は15歳までとか、部活動で一学年上の先輩はエライとか、18歳だともうOBだとか、年齢できれいに区切ることが子どもの世界にあると思うんです。
 
 
柳田國男の随筆を読むと、近代と現代で、地続きになっているところを発見できたりして、そこが面白いんだと思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki28.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





勝負事 菊池寛

今日は菊池寛の「勝負事」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
菊池寛と言えば、近代文学においてもっとも財を成した人物という認識があるんですけど、その文章を読んでいると、なんと言ったらいいのか、麻薬みたいに魅惑的なことを書くんです。ほんの数ページのエッセーなんですけど、これがあまたの本を売って巨大な財を成した人の、随筆だ、という感じがするんです。もっと読みたくなるというか、二度と会いたくない人の真逆というかなんというか……。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/shobugoto.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





ハイネ詩集(64)

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その64を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回の詩は、フランスのペルピニャンの南にあるピレネー山脈が舞台です。地中海にほど近い、山ぎわの町のようです。wikipediaやグーグルと同時に、詩を読んでみると、やっぱり楽しいです。ピレネー山脈の、丘の上にある街の写真とか、ネットに載ってますね。
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine64.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら

全文通読はこちら

ヨコ書きはこっち




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





こども風土記 柳田國男(27)

今日は柳田國男の「こども風土記」その27を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
かつての子どもの世界には、行事と、仕事と、遊びの3つが混じりあった領域があって、柳田によれば「ままごと」でさえも、やはりかつては、遊び以外の意味あいがあったようです。正確には本文をご覧ください。今回は「精霊飯」について描いています。この文章が印象に残りました。
 
 

めいめいがべる前にまず辻々で無縁ぼとけを祭り、または少しずつ近所の家に配ってまわるという例も多い。私はまだそういう場所に行き合わせたことがないが、小さな女の子が年上の娘の子の指図さしずを受けて、まじめに一生懸命に働いていた様子はほほえましいものであったろうと思う。
 
  

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki27.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本