北京と巴里(覚書) 横光利一

今日は横光利一の「北京と巴里(覚書)」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
横光利一は、組織だったものを描きだすのが特別に上手いんだと思うんですけど、今回は昭和初頭における北京という都市の様態を活写しています。この「北京と巴里(覚書)」という随筆の初出は1939年(昭和14年)2月ごろなんですけど、ほんの10年で世界は目まぐるしく変わっていると、横光利一は言うんです。1921年ごろに芥川龍之介が、北京を1カ月ほど訪れている。その頃と比べて、10数年後の北京は変化した、と横光利一は言うんです。
 
 
中国と言えば鴻大な土地柄で、一度別れると国土が広すぎるので二度と出会えなくなったりする。それから都市と田舎で、人生がまるで異なっている。さらに中国はここ百年大きな変化をし続けてきたようで、時間と共に都市が変化する。
 
 
横光利一は、北京に「小唄のような哀れな歌調をもった節回しだけ」が残された、その芸術の奥に隠された、歴史の深さ暗さを指摘しつつ、北京に於ける芸術に「かくのごとき巨大な装飾物が偶然に出来上ってしまった」ことは、「まさにそれは自然の傑作とも云うべきものであろうか。これは文化というべき物ではなく、山川のごとき自然物なのである。」中国の「中でも北京は他のいかなる都市よりも安眠に適している」それはどこか死に等しいような無意味を感じさせる静けさだと、言うんです。
 
 
横光利一は100年ほど前の、パリと北京の文化の違いを比較するんです。そこでの比較がすごいんですよ。パリには、兵士の死をまのあたりにしたときに「われ想う故にわれ在り」と考えたデカルト等の哲学があって、それは町並みを見ていても幾何学的な統制を感じることができる。いっぽうで1世紀前の北京には無我とでも言えば良いのか、諦観と現実と自然だけがある……。その町並みはまるで「生れる前の故郷へ帰った気」がしてくる。
 
 
横光はこう警告します。「自分の頭の中が変らなければ昨日も今日も視点は同じというべきである。ところが、(西洋文化がどんどん入ってくるわれわれの)混乱の理由は、頭を変えるべき必要のあるものと、その要のないものとの混同が、今日の混乱の有様をも形造っていることを見逃がすことは出来ない。」詳しくは本文をご覧ください。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/pekinto_pari.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





痴人の愛(23〜24) 谷崎潤一郎

今日は谷崎潤一郎の「痴人の愛」その(23〜24)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
失恋した男2人で街を徘徊しつつ、どうして失敗したのか語りあっている。しまいには、どれだけ盛大に、ナオミに裏切られたのかを確認しあって、自身たちの間抜けさを笑いはじめたりする。浜田くんはこういうことを言ったりする。
 
 
  どうかしてナオミさんを救い出そうと思ったんですが、意見をするとつんと怒って、あべこべに僕を馬鹿にするんで、手の附けようがなかったんです
 
 
滑稽なのか哀れなのか、しまいにはこんなことまで言いはじめます。
 
 
「だがいいですよ、まあ一遍はああう女に欺されて見るのも」
と、私は感慨無量の体でそう云いました。
「そりゃそうですとも! 僕はとにかくあの人のお蔭で初恋の味を知ったんですもの。たといわずかの間でも美しい夢を見せてもらった、それを思えば感謝しなけりゃなりませんよ」
 
 
譲治は仕事も辞めてしまい、たった一人で家にこもって悶々としているんです。そこに不倫常習者のナオミが、のんきなようすで、自分の服と荷物を取りにふらっと帰ってきた……。あと2回で完結です。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/chijinno_ai12.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 


 
 
     ヨコ書きはコチラ




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





ハイネ詩集(34)

今日は生田春月訳の「ハインリヒ・ハイネ詩集」その34を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「おまへの心は金剛石ダイヤモンドだ」という言葉が印象的な今回の愛の詩なんですけど、最後の一文で意味が変わってきて、なんだか妖しい生命感が仄見えてくるのがおもしろかったです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine34.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





枯淡の風格を排す 坂口安吾

今日は坂口安吾の「枯淡の風格を排す」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
坂口安吾は、戦争中でさえ、自分の生きたいように生きられた唯一の作家という感じがするんですけど、その安吾がどうやって己の自由を確保しえたかというのが、今回の随筆でちょっとだけ見えたように思いました。
 
 
安吾は、「枯淡」や「さび」の精神を批判するんです。そこでは自己批判が機能しない。「他人に許されるために他を許さうとする、かういふ子供同志の馴れ合ひのやうな無邪気な道徳律が」阿保らしくてイカンぞと安吾は言うんです。それよりも「悩む者の蒼ざめた悲しさ」のほうを安吾は重大視する。「悩むべきものに悩むまいとする逃避的な」態度が枯淡を求める心の中にあると言うんです。
 
 
安吾のいう「肉体をもたない悩みはまことの悩みではない。」というのがすごく印象に残ったんですけど、安吾の批判するその「まことに地についた肉の悩み」の実際を、もう少しこう、ちゃんと読み解けたら良いのになあと思いました。他人の忖度ばかりをしてしまうような、弱々しい優しさを持つ文学青年を、鼓舞するような安吾の言葉を読んでいて、この人は当時すごい先生だったんだろうなと感じました。
 
 
「架空なパラドックスを弄し」てはならん、という安吾の言葉を読んで、ウィトゲンシュタインの哲学批判のことを連想しました。ウィトゲンシュタインによれば、思考の限界を超えた言説によって、思惟の谷間に落ちてしまった者へ、元の生き方に戻るためのハシゴを用意することが、哲学にとってもっとも重大なんです。
 
 
安吾は随筆や評論がじつにみごとなんですが、小説創作はどうも上手くないんですよ。それについて安吾当人も「自分の小説の下手糞なのも打ち忘れて、(徳田秋声氏の小説に)腹が立つてくる」とか書いています。文学論も記されていて、小説の会話には、語られないものごとの秘められていることこそが肝要であって、会話の立体性こそ重大だと言うんですけど、まさに言い得て妙で、あのノーベル文学賞カズオイシグロの「わたしを離さないで」という小説は、なんだか安吾が強烈に求めている文学を完全に実現してしまっている、と思いました。安吾はジッドこそが「作家の本当」である、と今回書いています。
 
 
安吾はこう書きます。
 
 
  人間生きるから死ぬまで持つて生れた身体が一つである以上は、せいぜい自分一人のためにのみ、慾ばつた生き方をすべきである。毒々しいまでの徹底したエゴイズムからでなかつたら、立派な何物が生れやう。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/kotanno_fukakuo_haisu.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





痴人の愛(21〜22) 谷崎潤一郎

今日は谷崎潤一郎の「痴人の愛」その(21〜22)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
夫婦で喧嘩別れしたあとに、ナオミは一時的に行方不明になってしまった。実家にも帰ってきていない。不倫を常習している妻を探しまわって泣きそうになっている譲治なんですけど、近代と言えばまだ男尊女卑が色濃かった時代に、漱石のすぐあと、こういう物語を描くってほんとにすごいなと思いました。
 
 
ナオミはどうもまだ、不倫相手と一緒に居るのかもしれない。悪友の中では唯一信用できる浜田くんに頼み込んで、ナオミを探している譲治。この場面に於ける譲治の描写に迫力がありました。
 
 
「それじゃあ、君はもう知っているんですか?」
「僕は昨夜いましたよ」
「えッ、ナオミに?………ナオミに昨夜遇ったんですか?」
今度は、私は前とは違った胴顫いで、体中がガクガクしました。あまり激しく顫えたので前歯をカチリと送話器の口にッつけました。
「昨夜僕はエルドラドオのダンスに行ったら、ナオミさんが来ていましたよ。別に事情を聞いた訳ではないんですけれど、どうも様子が変でしたから、大方そんな事なんだろうと思ったんです」
「誰と一緒に来ていましたか? 熊谷と一緒じゃないんですか?」
「熊谷ばかりじゃありません、いろんな男が五六人も一緒で、中には西洋人もいました」
 
 
どうもナオミはそこいら中の男の家に転がりこんで、泊まり歩いている。ジョン・バリモアという映画俳優にそっくりな白人と遊び歩いているらしい。
 
 
あきらかに不貞で、しかし限りなく美しくなってゆくナオミの噂話だけで譲治は悶々とするんです。「一生懸命ナオミを恋い慕っている」譲治は、奔放すぎるナオミの所行に喉を詰まらせる。「涙さえ止まってしまいました」という一文に、驚きました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/chijinno_ai11.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 


 
 
     ヨコ書きはコチラ




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





ハイネ詩集(33)

今日は生田春月訳の「ハインリヒ・ハイネ詩集」その33を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「わたしはけつしてかなしむまい」という詩の言葉が印象的なこんかいのハイネ詩集なんですけど、ハイネの知人でもあった革命家のマルクスの人生を連想しました。マルクスは革命の嵐が吹き荒れるフランスで論説を繰り広げつつ、家の中では暖かい家族との日々を営みつづけた。今回は、そういう熱い思想家との交流もあったハイネの、読後感の不思議な詩なんです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine33.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





冬の情緒 萩原朔太郎

今日は冬の情緒の「萩原朔太郎」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
近代文学には、自然界との通路が出来上がっていて、そこから自然の一部を観察できるような気がしました。萩原朔太郎はこう記します。
 
 
  …………それ故に詩人たちは、昔に於ても今に於ても、西洋でも東洋でも、常に同じ一つの主題を有する。同じ一つの「冬」の詩しか作つて居ない。彼等の思想と題材とは、もちろん一人一人に変つて居るが、その詩的情緒の本質に属するものは、普遍の人間性に遺伝されてる、一貫不易のリリツクである。即ちあの蕭条たる自然の中で、たよりなき生の孤独にふるへながら、赤々と燃える焚火の前に、幼時の追懐をまどろみながら、母の懐中ふところを恋するところの情緒である。

 
萩原は、冬を描いた文学者たちの中でとりわけ与謝蕪村の俳味あふれる諸作を推しているんです。くわしくは本文をどうぞ。
 
  
難読の文字を調べてみました。
 
 
蕭条しょうじょう
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/fuyuno_jocho.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選