卍(まんじ) 谷崎潤一郎(2)

今日は谷崎潤一郎の「卍 まんじ」その2を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
30回かけて読む予定だったんですが、ちょっと巻きで全6回で読み終えてみようと思います。第6回で最終回になります。
 
 
女生徒・柿内さんは、ちょっと奇妙な絵の才能があるようで、モデルを目の前にしてデッサンの練習をしていても、なんだか別の誰かに似てしまう。自分が好きな顔を描いてしまう。描き手の心理が、絵にあらわれてきてしまう……。
 
 
校長先生は、そんな好きなふうに描くだけでは練習にならないので、ちゃんとモデルを正確に見て、的確にこれを写生してみなさいと言うのですが、柿内さんは、そんなことしたくない。芸術行為はロボットのようにコピーペーストする作業では無い。それで若き未亡人でもある女学生柿内さんと校長先生でケンカになる。本文こうです。
 
 
「……自分勝手の絵エ画くくらいならモデル使う必要あれしません。ましてこの観音さんがモデル以外の或る実在の人間に似てるとしたら、あんたの理想いうもんもはなは不真面目ふまじめに思えますね」いわれるのんで、「わたしちょっとも不真面目とちがいます。仮にこの顔誰ぞに似てても、その人の顔観音さんの感じ出すのに適してましたら、それ写しても芸術的にやましいことない思います」いいますと、「いや、それがいかんのんです。まだあんたは一人前の芸術家ではありません。あんたがその人の顔清らかであると感じられても、万人がそう感じるかどうか、それが問題です。そういうことからとかく誤解が起るのんです」……
 
 
誤解なんて起きるわけがないと女学生柿内さんが言って先生にケンカで勝ったつもりになっていたわけなのですが、変な噂が広まってしまった。柿内さんは光子さんのことが好きすぎて、彼女の肖像画を描いてしまったと思われてしまい「つまりわたしが光子さんに対して同性愛捧ささげてる、光子さんと私とが怪しい」と学校中で思われるようになってしまった。思ったまま、好きなように絵を描いてみただけで、ずいぶんややこしいことになってしまった。
 
 
真相はどうも、これは校長の計略であって、政敵のような存在に変な噂を流すということを、つねづねやっているようなんですが……。
 
 
とうの光子さんというのは「恋愛の天才家といったような気魄きはくちた、魅力のある眼つき」の美しい人なんです。読んでいると、どうも光子さんはもう亡くなっている。本文にはこう書いてます。
 
 
  光子さん…………若うに見えてますけど、ほんまは一つとし下の二十三………生きておられたら今年二十四ですねん。 (※………部分は省略)
 
 
ところが、柿内さんはじつに生き生きと、光子さんとのデートや、お人好しな夫とののんきな話しについて、とうとうと語っている。楽しい記憶というのが消えるわけではない。
 
 
光子さんはレズビアンの噂がたったことによって、イヤなお見合い男の、相手をしなくて良くなった。未亡人柿内園子さんと、光子さんとの性的な描写がすさまじくて、クラクラします。これは……なんだかやばい小説を読みはじめてしまった、という感じがします。漱石の知的な設定に、ドストエフスキーの激情を混ぜ合わせたら、谷崎潤一郎の文学になると思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/manji02.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





彼岸過迄(14)結末 夏目漱石

今日は夏目漱石の「彼岸過迄ひがんすぎまで(14)結末」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回は、タイトルは「結末」なんですけど、結末と言うよりも、「あとがき」みたいになっています。でもあとがきとはまた違っていて、やっぱり創作で、登場人物たちの行く末がさらっと描きだされている。
 
 
今回の漱石は、語り手と主要人物との距離、ということに意識を集中して、物語を転じていったと思うんですが、その遠景のカメラワークや、接写のコントラストが美しかったように思うんです。遠いところに居る人の感情と、ごくごく近くで起きる事態への感情の対比がみごとでした。
 
 
今回のこの「結末」は、小説に附属していなくても、じゅうぶん物語が完結していたと思うんです。でも、登場人物たちとは異なる視点でこれを描きだされているとなんと言うんでしょうか、文学賞の選者が、受賞作を講評している内容にかなり似ていてですね、というか「漱石・子規・鴎外」でやる俳句の寸評みたいで、なんともおもろいんです。蛇足とはまったく思わない、内容なんです。
 
 
小説を、始めから最後まで、短編小説として書き直す感じで、全体を流れるように描いています。次ぎに何を書こうか、というのを思いつつ、漱石はこの「結末」を書いたんじゃなかろうかと思いました。小説と小説の間にある繋ぎ目の何かみたいに見えました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/higansugimade14.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
 
全文通読はこちら(重いです)
  
 
 
 
 
          (横書きはこっち)
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





彼岸過迄(13)松本の話(後編)夏目漱石

今日は夏目漱石の「彼岸過迄ひがんすぎまで(13)松本の話(後編)」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
いよいよ次の第14回で物語が完結します。今回が実質的には最後の章なんです。これから彼岸過迄を読み終える予定の方は、やはり以下の文章は読まないほうが楽しめるかと思います……。ご注意ください。
 
 
須永市蔵は、卒業後の旅行に出かけるのも、義理の母を心配している。漱石が、あいまいな状態の青年を描くときにそれを見守る親類のまなざしで「責任」という言葉を書くんです。これが、説得力を感じる言葉に思えました。
 
 
須永市蔵という若者に、隠されていた家の事実を教えたわけで、彼のその後に責任を感じていて、心配をしている。旅先から市蔵がハガキをよこしてくると、僕(松本)は妙に安心する。責任があるからどうするのかというと、ただひたすらに見るんです。忘れずに青年につきあって、じっと見てゆく。
 
 
旅先から届いた手紙の内容が、なんだかちょっと須永市蔵という若者の言葉というよりも、漱石の言葉になっちゃってるんですよ。一人旅の卒業旅行なのに、朝日新聞の友人を訪ねて接待を受けたりしていて、変に老成している。登場人物の心境を書くというよりかは、漱石のごく普通の心境を、ついうっかり書いちゃってるんじゃなかろうかと思いました。
 
 
この手紙に「野趣」という言葉が出て来ます。意味を調べてみたんですが、なんともすてきな言葉でした。
 
 
中野重治という作家の随筆に、こういうことが記されているんです。
 
  だいたい僕は世のなかで素樸そぼくというものが一番いいものだと思っている。こいつは一番美しくて一番立派だ。こいつは僕を感動させる。こいつさえつかまえればと、そう僕は年中考えている。僕が何か芸術的な仕事をするとすれば、僕はただこいつを目がける。もちろんたいていは目がけるだけだが。…………(中野重治/素樸ということ/ちくま日本文学全集39より)
 
 
この中野重治の言っている素朴ということを、漱石も描きだしていたような気がしました。漱石の文章はこうです。
 
 
  友人は僕をかえりみて野趣があると笑いました。僕も笑いました。ただ笑っただけではありません。百年も昔の人に生れたような暢気のんびりした心持がしました。僕はこういう心持を御土産おみやげに東京へ持って帰りたいと思います
 
 
ここから、旅の手紙が幻想的になっていって、なんだか「夢十夜」みたいでおもしろい描写でした。そうして漱石の「こころ」序盤の描写のような場面がはじまる。始まりなのか終わりなのかなんだか判らない、漱石の物語の渦の中心を描きだしているような文学描写でした。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/higansugimade13.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
 
全文通読はこちら(重いです)
  
 
 
 
 
          (横書きはこっち)
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





彼岸過迄(12)松本の話(前編)夏目漱石

今日は夏目漱石の「彼岸過迄ひがんすぎまで(12)松本の話(前編)」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
須永と千代子はけっきょく、夫婦にならないし恋人同士にならないし敵対するまでいかないし、堂々めぐりの平行線をたどる人生となってしまった。これに対する漱石の文章が秀逸すぎてうなりました。本文こうです。
 
 
  取り澄ました警句を用いると、彼らは離れるために合い、合うために離れると云った風の気の毒な一対いっついを形づくっている。こう云って君に解るかどうか知らないが、彼らが夫婦になると、不幸をかもす目的で夫婦になったと同様の結果におちいるし、また夫婦にならないと不幸を続ける精神で夫婦にならないのとえらぶところのない不満足を感ずるのである。
 
 
それで僕(松本)はどう考えるかというと《たった一つで好いから、自分の心を奪い取るような偉いものか、美くしいものか、やさしいものか、を見出さなければならない。》と記している。浮気でもしない限りは、こういうものは見つからないだろうと考えている。えーと、それから本文にこう記されています。
 
 
  もし田口がやっても好いと云い、千代子が来ても好いと云ったらどうだと念を押したら、市蔵は返事をしずに黙って僕の顔をながめていた。僕は彼のこの顔を見ると、けっして話を先へ進める気になれないのである。畏怖いふというと仰山ぎょうさんすぎるし、同情というとまるであわれっぽく聞こえるし、この顔から受ける僕の心持は、何と云っていいかほとんど分らないが、永久に相手をあきらめてしまわなければならない絶望に、ある凄味すごみやさをつけ加えた特殊の表情であった。
 
 
亡友の子規に対して、お前はなぜ一人だったんだ、お前の恋愛はいったいどこに消えていったんだ、という漱石の声が聞こえるような気がしました。
 
 
須永市蔵はこう言うんですよ。

  「僕は僻んでいるでしょうか。たしかに僻んでいるでしょう。あなたがおっしゃらないでも、よく知っているつもりです。僕は僻んでいます。僕はあなたからそんな注意を受けないでも、よく知っています。僕はただどうしてこうなったかその訳が知りたいのです。
 
 
自分がどうして完全に行き詰まってしまったのか、その理由をいちばん信用できる人に聞いて学びたいんだと、須永は訴えるんです。僕(松本)はそれで……。詳しくは本文をお読みください。日本の文化と西洋の文明がまだらに入り混じりつつ自我が目覚めてゆく社会や、漱石の子ども時代の苦悩が描きだされているように思いました。須永の母は、血が繋がっておらず、ただ育ての母として子に尽くしてきたんです。本文にはこう記されてあります。
 
 
  「僕を生んだ母は今どこにいるんです」
  彼の実の母は、彼を生むと間もなく死んでしまったのである。
 
 
須永市蔵という青年は、養子として血の繋がらない両親に育てられた漱石に、少し似た幼少時代を過ごした。彼はいったいどうなるんだろうかと、いうところで、次回に続きます。いよいよ最終回です。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/higansugimade12.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
 
全文通読はこちら(重いです)
  
 
 
 
 
          (横書きはこっち)
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





彼岸過迄(11)須永の話(後編)夏目漱石

今日は夏目漱石の「彼岸過迄ひがんすぎまで(11)須永の話(後編)」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
  僕が大学の三年から四年に移る夏休みの出来事であった。
 
  母はふところから千代子の手紙を出して見せた。それには千代子と百代子の連名で、母と僕にいっしょに来るようにと、彼らの女親の命令を伝えるごとく書いてあった。
 
 
と、いうように須永の過去の物語が語られてゆきます。親戚のよく知っている者どうしで連泊の旅行をする。そこで高木という家族を知る。明治時代なのに、高木の兄はアメリカに行っているそうで、裕福で行動的な家庭らしい。須永は、知らない人に会うのが苦手だから、みんなを残して旅の途中で帰るとか言いはじめた。この態度に、いとこの千代子は「変人!」と言って怒ってしまった。本文こうです。
 
 
  彼女は僕をつらまえて変人だと云った。母を一人残してすぐ帰る法はないと云った。帰ると云っても帰さないと云った。
 
 
須永は、いとこの千代子のことを「小さな暴君タイラント」とひそかに呼んで、タイフーンみたいな女だと思って、年下なのに尊敬している。それでやむをえず、彼女たちについてゆくことになった。「要するに僕は千代子の捕虜になったのである。」と本文には記されています。
 
 
高木は性格も容姿も好青年だった。ひがみっぽくて変な性格をしている僕(須永)の性分にあわない。漱石は、家族や親戚の明るくむつましいところを描くんです。
 
 
親戚みんなで船釣りに行く。高木はとにかく明るくて礼儀正しくて、好青年すぎるので、「僕」はどうしても彼から逃げたい。漱石は、家族や親戚から独立してゆく青年を、さまざまに描きだしていったと思うんですが、今回の高木は、その良き親類の象徴みたいなところがあるんじゃないかと思いました。
 
 
須永の性格がなかなかひねくれてて、良いんですよ。世に出たがらない男とか、欲しがらない男とか、こういう人物像を読んでゆくのが楽しいんだと思いました。須永の恋愛観がなんともすごいんです。本文こうです。
 
 
  僕には自分になびかない女を無理にく喜こびよりは、相手の恋を自由の野に放ってやった時の男らしい気分で、わが失恋の瘡痕きずあとさみしく見つめている方が、どのくらい良心に対して満足が多いか分らないのである。
 
 
漱石は《嫉妬心しっとしんだけあって競争心をたない僕にも相応の己惚うぬぼれは陰気な暗い胸のどこかで時々ちらちら陽炎かげろったのである。》と書くんです。漱石は、みごとになにかを言い当てているような気がするんです。これはなんだか、現代的な人物像だなと思いました。「僕」は勝とうという意志がまったく無い。千代子と結ばれようというように考えない。じゃあどういうように生きるのかというと、漱石はこう書きます。《僕は始終詩を求めてもがいているのである。》
 
 
作中、こんな場面があるんです。
 
 
  「……僕が何か千代ちゃんに対してすまない事でもしたのなら遠慮なく話して貰おう」
「じゃ卑怯の意味を話して上げます」と云って千代子は泣き出した。
 
 
こういう場面もあります。
 
 
  「…………なぜ愛してもいず、細君にもしようと思っていないあたしに対して……」
彼女はここへ来て急に口籠くちごもった。不敏な僕はその後へ何が出て来るのか、まださとれなかった。「御前に対して」となかば彼女をうながすように問をかけた。彼女は突然物をき破った風に、「なぜ嫉妬しっとなさるんです」と云い切って、前よりははげしく泣き出した。
 
 
読んでいてやっぱりこう、須永はほとんど許嫁みたいに深い仲であった千代子に、結婚を申し込めばいいじゃないか! ぐずぐずしすぎたのだ! 言い訳がひどい、たしかに千代子の言うとおり「卑怯」なところがあるなあーと、思いました。どうも振られるのがすごく怖いようです……。
 

千代子に良い未来をもたらしそうな好青年の高木に対して、僕(須永)は嫉妬していて卑屈になっている。それに対しての千代子の批判がこうです。
 
 
  ……高木さんは紳士だからあなたをれる雅量がいくらでもあるのに、あなたは高木さんを容れる事がけっしてできない。卑怯だからです」
 
 
この投げっぱなしジャーマンのような、須永の物語の終わり方に、痺れました。あと2回で完結です。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/higansugimade11.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
 
全文通読はこちら(重いです)
  
 
 
 
 
          (横書きはこっち)
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





彼岸過迄(10)須永の話(前編)夏目漱石

今日は夏目漱石の「彼岸過迄ひがんすぎまで(10)須永の話(前編)」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「千代子さんは須永君の所へ行くのだとばかり思っていたが、そうじゃないのかね」
「そうも行かないでしょう」
「なぜ」
 

というように物語は始まります。この小説は、子規に読ませたい物語なのだ、と思いながら読んだんですが、これは単なるぼくの妄想というわけでもなく、漱石は随筆にそういうことをちょっと書いてますよ。亡友の子規なら、自分の書いた物語をどう楽しんでくれるだろうか、ということを漱石は書いてます。
 
 
漱石はいろんな作品で、お前はなんで結婚しなかったんだ、という内容をさまざまに描きだしています。生涯独身だった子規に宛てて書かれた手紙としても、読むことが出来るのではないかと思いました。漱石は小説内で「僕はまださいを貰った経験がないから」とよく書いている。これについてのさまざまなバリエーションがあるんです。
 
 
漱石は、この物語で須永といとこの千代子の、恋愛に結びついてゆかない関係性を描きだします。須永と千代子の描写が良いんですよ。彼岸過迄という、漱石の重々しい後期作品であっても、淡い恋愛の描写はみごとですよ。これが漱石だ、と思いました。風邪のために一時的に声の出なくなった千代子の代わりに、須永が声を出して相手に伝える。二人で電話を使って遊ぶんです。
 
 
『彼岸過迄』を全文は読まないけれども、漱石の恋愛描写を読んでみたいかたは、『彼岸過迄 須永の話 九章から十章』だけを読んでみてください。ほんの10ページで、10分くらいで読めますよ。抜き出すとその魅力が減少してしまうかもしれないんですが、すてきな物語でした。
  
 
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/higansugimade10.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
 
全文通読はこちら(重いです)
  
 
 
 
 
          (横書きはこっち)
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





彼岸過迄(9)雨の降る日(後編)夏目漱石

今日は夏目漱石の「彼岸過迄ひがんすぎまで(9)雨の降る日(後編)」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回の宵子の弔いの描写は、とりわけ静謐な筆致なんです。これが、後期漱石作品の重大な特徴なのではないかと思いました。自分のせいで不幸が起きてしまったと思っている千代子に対して、いろんな家族が、静かに接してくれる。不安や怒りを、漱石が鎮めるように描きだしているんです。
 
 
漱石の後期作品は前期とはまたちがう迫力があるなあ……と思いながら読みました。描写が微細なんです。小さい編み笠や藁草履や、赤い毛糸の足袋が、静かに描きだされる。とくに咲子という少女が、抑制のきいた幼子らしい態度でいるのがものすごいリアルでした。ほんの少しだけ登場する子供の描写が、えげつないほど見事に書かれています。嘉吉という幼子の行動とか、ほんの数行なんですけど、そこにほんとうに居る感じがすごい出てるんです。これが文学か! とか思いました。明治時代であっても、葬儀は現代とそれほど変わらない。自分のじっさいの記憶と混じりあってゆくのが時代を超える文学なんだなあと思いました。漱石は記憶の内部に入りこんでゆく、希有な作家のように思います。
 
 
この会話が印象に残りました。
 
 
…………
「市さん、あなた本当ににくらしいかたね。持ってるなら早く出して上げればいいのに。叔母さんは宵子さんの事で、頭がぼんやりしているから忘れるんじゃありませんか」
須永はただ微笑して立っていた。
「あなたのような不人情な人はこんな時にはいっそ来ない方がいいわ。宵子さんが死んだって、涙一つこぼすじゃなし」
「不人情なんじゃない。まだ子供を持った事がないから、親子の情愛がよく解らないんだよ」
「まあ。よく叔母さんの前でそんな呑気のんきな事が云えるのね。じゃあたしなんかどうしたの。いつ子供持ったおぼえがあって」
「あるかどうか僕は知らない。けれども千代ちゃんは女だから、おおかた男より美くしい心を持ってるんだろう」
 
 
もっと良い描写がいっぱいあるんですけど。つづきは本文をご覧ください。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/higansugimade09.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
 
全文通読はこちら(重いです)
  
 
 
 
 
          (横書きはこっち)
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選