高浜虚子著『鶏頭』序 夏目漱石

今日は夏目漱石が高浜虚子の小説の序文を書いた、余裕派に関する短い評論文を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。僕は最近、夏目漱石の小説を幾つか読んでいったんですが、なんだか夏目漱石の小説よりも夏目漱石本人そのもののほうに興味がうつってしまい、漱石ってどうしてあんなに懸命に小説を書いたのか? とか、漱石はなんのために小説を書いたのか? とか、漱石はどういうものを書きたかったのか、とか漱石の教育論ってなんなんだろうとか、漱石は肉親や正岡子規の死をどのように感じていたんだろうか、とか漱石本人のことのほうが知りたくなってしまいました。





漱石は処女小説の『吾輩は猫である』を書き始める直前には、ロンドン留学で差別と引きこもり生活を体験して散々な目にあって意気消沈しており、無二の親友であった正岡子規とも死に別れて、夫婦仲も悪く、子供も憎らしい、という状態だったようです。それで、正岡子規の弟子だった高浜虚子に「山会」に「なにかちょっと文章を書いてくれませんか?」と言われたときに、漱石は猛然と小説を書き始めたのでした。
「山会」というのは、正岡子規が立ち上げた朗読会で、ここで何かを発表するということは、そのまま雑誌「ほととぎす」に掲載されるということだったようです。漱石は、正岡子規との日々が懐かしくて小説を書き始めたんじゃないかと思えてなりません。






漱石が生まれて初めて小説を書き終えたとき、なにをしたかご存知ですか?
子規の弟子だった高浜虚子に「吾輩は猫である」という原稿を手渡して「ちょっと今ここで読んでみてくれ」と言って自分の小説の朗読をやらせて、自分の書いた物語を聞きながら大笑いしていたそうです。よほど創作で気分が晴れたんでしょう。





僕は小説を読んでいると気が散ってしまうんですが、自伝や評論やノンフィクションを読んでいると集中して読めるという、少し奇妙な傾向があります。おそらく、芸よりも人の肉声を聞きたいからなんだと思います。芸を見るのならば美術や映画のほうが実感しやすいですし、癒しを求めるのなら音楽のほうがすんなりとよく入ってくる。ものを考えるのなら評論やルポルタージュや哲学書のほうがより深く判る。じゃあ小説ってなんのためにあるのか、というのがどうもよく判らないんです。ぼくは小説に対する拒否感というか苦手意識というのは昔からけっこう強くあるので、あんまり小説に入り込めない。あまり小説に親しめない人にとって、小説の専門家である夏目漱石の小説論は、文学への理解力を深める良い評論になっていると思います。短い評論なのでぜひ読んでみてください。






漱石は、対立する二つのもののうちの片方を否定するのではなく、二つのもののそれぞれの価値がどのように存在し、両者の特性を考察しながら、それらをどう超克しうるのかを説いています。





夏目漱石って、顔も男前ですけど、考え方がかっこいいんですよね。人の心に触れる小説というものを認めながら、触れない小説(不断着の小説)というものの必要性を説く。夏目漱石は人情を否定していないのにクールで冷静な態度を前面に押し出しているんです。人情や生活を粉みじんに破壊する新自由主義者とかとは全く違う魅力があります。漱石は英国文化を交えながら新しい日本の思想を練り上げていった人ですから、中身が男前。







http://akarinohon.com/basic/takahamakyosi_jo_natumesouseki.html (ページ数 約25枚)


 







top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





『春と修羅』 小岩井農場 宮沢賢治

 
『春と修羅』 宮沢賢治
小岩井農場






http://akarinohon.com/basic/haruto_shura7.html 
(ページ数 約30頁 / ロード時間約30秒)





『春と修羅』宮沢賢治  (モバイル対応テキスト版はこちら

『春と修羅』序 宮沢賢治
『春と修羅』屈折率、くらかけの雪、日輪と太市ほか 宮沢賢治
『春と修羅』(mental sketch modified)春光呪咀ほか 宮沢賢治
『春と修羅』陽ざしとかれくさ ほか 宮沢賢治
『春と修羅』真空溶媒 宮沢賢治
『春と修羅』蠕虫舞手(アンネリダタンツエーリン) 宮沢賢治
『春と修羅』小岩井農場 宮沢賢治
『春と修羅』青い槍の葉 宮沢賢治
『春と修羅』風景観察官 宮沢賢治
『春と修羅』グランド電柱 宮沢賢治
『春と修羅』滝沢野 宮沢賢治
『春と修羅』東岩手火山 宮沢賢治
『春と修羅』犬 宮沢賢治
『春と修羅』永訣の朝 無声慟哭  宮沢賢治
『春と修羅』白い鳥 宮沢賢治
『春と修羅』青森挽歌 宮沢賢治
『春と修羅』オホーツク挽歌 宮沢賢治
『春と修羅』風景とオルゴール 宮沢賢治
『春と修羅』昴 宮沢賢治
『春と修羅』第四梯形 宮沢賢治
『春と修羅』一本木野 宮沢賢治







top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





こころ 夏目漱石



今日は夏目漱石の『こころ』を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。この小説は夏目漱石の代表作とされる小説です。以下のURLから全文お読みいただけます。一度読んだことのある方も、ぜひこの機会にふたたび夏目漱石の『こころ』を読んでみてください。若いころに読んだ『こころ』とはまた異なる魅力を発見できるかと思います。

http://akarinohon.com/center/kokoro.html 




僕はこの小説をやはり、漱石自身である『先生』と、読者である『私』と、そして漱石の若き日の親友であった『K』と、文学そのものをあらわす『静』とが織り成す追憶の物語のように読んでゆきました。

静(お嬢さん)というのがヒロインとしてこの物語に登場します。追憶では、このお嬢さんが素晴らしい美少女として登場しています。誰にでもそういう若き日の恋の相手はいるわけで、そのお嬢さんに恋をして、結婚がしたいと。「先生」は親友「K」と、このお嬢さんを奪い合うことになってしまうわけです。そういう話の大筋があります。今なら普通かも知れませんが、明治時代は自由恋愛というのがまだ主流では無かったですから、恋というのは今よりもっと静かで淫靡で革命的なものだったのかも知れません。この話の「先生」というのはなんというか男前なんです。かっこいい。それで「先生」と言って慕ってくる青年に少しずつものを教えてゆく。自分の経験を元に、こういう失敗はしないように、という気持ちで、「先生」は「私」に心を開いてゆく。




現代でも、「先生」と言えるような尊敬されている人が、子にものを教えてゆくように、なにかを伝えることがありますよね。私たちは尊敬できる人からそういう話しを聞いておきたいと思う。戦争の実際を経験していない人にその苦しみを伝える人がいる。連合赤軍の時代を知らない若い人に、あの時は、こういうように失敗が積み重ねられていったんだ、と大人が告げている。阪神淡路大震災を知らない時代の人へ、あの時はこうだったんだ、こういうことが大切だったんだ、と告げたいと思う。そういうように、漱石は若い人へ向けて、ある挫折についてを教えようとする。

それで「先生」はこう言うわけです。

「君は恋をした事がありますか」 
 私はないと答えた。
 「恋をしたくはありませんか」 
  私は答えなかった。
 「したくない事はないでしょう」
「ええ」
「君は今あの男と女を見て、冷評しましたね。あの冷評のうちには君が恋を求めながら相手を得られないという不快の声が交っていましょう」
「そんな風に聞こえましたか」
「聞こえました。恋の満足を味わっている人はもっと暖かい声を出すものです。
 しかし……しかし君、恋は罪悪ですよ。解っていますか」
  私は急に驚かされた。





「こころ」の登場人物である「K」のモデルは、一般に石川 啄木か幸徳 秋水であろうと言われています。ぼくはきっと正岡子規が「K」で、正岡子規と「文学」という恋人「静」を奪い合ったんだろうなあと思い込んでいました。今でもそう思ってるんですが。はじめは正岡子規が文学に愛された。正岡子規は「ほととぎす」を創刊して文学と親密になり、俳人として世に名を馳せてゆく。その時夏目漱石はただ英文学を研究しているだけだった。正岡子規が長い闘病生活の末亡くなり、漱石はそれで俺は小説を書こう、と思い立つ。漱石は正岡子規に導かれるように「ほととぎす」に「吾輩は猫である」という小説を発表し、文学者になっていった。漱石はいつのまにか、ずっと背中を追っていたはずの親友を追い越して歴史的文学という世界に進んでいた。ただ、ちゃんと調べてゆくと、Kの実家は寺で、石川 啄木も実家が寺なんだし、どっちかといえばやはり啄木がモデルのようです。





漱石は自身の手記で『坊っちゃん』の登場人物のモデルは誰なんだい、と聞かれて「モデルは居ません。想像で作りあげた人なんです」と説明しています。小説は架空の物語ですし、特に漱石は私小説やノンフィクションの方法のようには人物を登場させないし、架空の要素が多いほど物語としてより優れた設計であると考えていた作家なので、まったくモデルが居ないまま箱庭を作っていったというのが正解のようですが、それでもやっぱり作者の実体験を完全に離れて書けないんじゃないかと思います。明治時代に英国文学を研究していた男が紫 式部のような物語を書く、というような飛躍はとうていできないわけで、どこかが実体験に基づいて居るんじゃないかと思えるわけです。物語を読むと同時に、作者の静かな告白も一緒に読んでゆきたい、と思う僕にとって夏目漱石は現実の多様な逸話にあふれていて、汲んでも汲んでも尽きることのない一つの水脈のように大きな存在です。




漱石は自身の手記で、小説には「触れる」小説と「触れない」小説というのがある、と述べています。触れる小説というのは、言ってみれば泣ける小説です。【お涙頂戴=優れた物語】では無い、ってことは誰でも実感したことがあると思います。ほんとに気持ち悪くなっちゃう恐怖小説なんて誰も読みたくないですし、触れる小説というのはやっぱり限界があるんだと。
それで英国文学を研究し尽くして、独自の日本文学を創りあげた漱石は、平易に淡々と客観的な視座に立って書いてゆく、触れない小説の魅力を説いています。






http://akarinohon.com/center/kokoro.html (ページ数 約700枚)









top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





銀河鉄道の夜 宮沢賢治



今日は宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。


明かりの本では「再び読む」ことを大切にしています。
「再び良書に巡りあう」をコンセプトに本の公開を行っています。
何度でも読んでゆける本を、何度でも紹介してゆきたいと思います。








http://akarinohon.com/center/gingatetsudono_yoru.html







top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





『春と修羅』 蠕虫舞手(アンネリダタンツエーリン) 宮沢賢治

『春と修羅』 宮沢賢治
蠕虫舞手(アンネリダタンツエーリン)







こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/basic/haruto_shura6.html (ページ数 約5頁 / ロード時間約30秒)




『春と修羅』宮沢賢治  (モバイル対応テキスト版はこちら

『春と修羅』序 宮沢賢治
『春と修羅』屈折率、くらかけの雪、日輪と太市ほか 宮沢賢治
『春と修羅』(mental sketch modified)春光呪咀ほか 宮沢賢治
『春と修羅』陽ざしとかれくさ ほか 宮沢賢治
『春と修羅』真空溶媒 宮沢賢治
『春と修羅』蠕虫舞手(アンネリダタンツエーリン) 宮沢賢治
『春と修羅』小岩井農場 宮沢賢治
『春と修羅』青い槍の葉 宮沢賢治
『春と修羅』風景観察官 宮沢賢治
『春と修羅』グランド電柱 宮沢賢治
『春と修羅』滝沢野 宮沢賢治
『春と修羅』東岩手火山 宮沢賢治
『春と修羅』犬 宮沢賢治
『春と修羅』永訣の朝 無声慟哭  宮沢賢治
『春と修羅』白い鳥 宮沢賢治
『春と修羅』青森挽歌 宮沢賢治
『春と修羅』オホーツク挽歌 宮沢賢治
『春と修羅』風景とオルゴール 宮沢賢治
『春と修羅』昴 宮沢賢治
『春と修羅』第四梯形 宮沢賢治
『春と修羅』一本木野 宮沢賢治








top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





長崎の鐘 永井隆

今日は戦争と戦後に関する本を紹介したいと思います。

永井隆は放射能に詳しい長崎の医師で、昭和20年(1945年)の8月9日に長崎に落とされた原爆の被害にあいながらも、生涯医師を貫き通した方で、『長崎の鐘』は原爆投下後の長崎の様子を克明に記した被曝体験記です。

医師の永井隆は戦中から放射線関係の研究をしており、1945年の敗戦後、長崎でどのようなことが起きどのような実感を持ったかを丁寧に書き記しています。8月15日に玉音放送がラジオで流れ、市民がその放送をどのように解釈したのか、そういったこともよく判るように書き残されています。



http://akarinohon.com/basic/nagasakino_kane.html (ページ数 約200枚)




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





『春と修羅』 真空溶媒 宮沢賢治


『春と修羅』 宮沢賢治

真空溶媒(Eine Phantasie im Morgen)









こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/basic/haruto_shura5.html 
(ページ数 約10頁 / ロード時間約30秒)





『春と修羅』宮沢賢治  (モバイル対応テキスト版はこちら

『春と修羅』序 宮沢賢治
『春と修羅』屈折率、くらかけの雪、日輪と太市ほか 宮沢賢治
『春と修羅』(mental sketch modified)春光呪咀ほか 宮沢賢治
『春と修羅』陽ざしとかれくさ ほか 宮沢賢治
『春と修羅』真空溶媒 宮沢賢治
『春と修羅』蠕虫舞手(アンネリダタンツエーリン) 宮沢賢治
『春と修羅』小岩井農場 宮沢賢治
『春と修羅』青い槍の葉 宮沢賢治
『春と修羅』風景観察官 宮沢賢治
『春と修羅』グランド電柱 宮沢賢治
『春と修羅』滝沢野 宮沢賢治
『春と修羅』東岩手火山 宮沢賢治
『春と修羅』犬 宮沢賢治
『春と修羅』永訣の朝 無声慟哭  宮沢賢治
『春と修羅』白い鳥 宮沢賢治
『春と修羅』青森挽歌 宮沢賢治
『春と修羅』オホーツク挽歌 宮沢賢治
『春と修羅』風景とオルゴール 宮沢賢治
『春と修羅』昴 宮沢賢治
『春と修羅』第四梯形 宮沢賢治
『春と修羅』一本木野 宮沢賢治







top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選