神曲 天堂(16) ダンテ

今日はダンテの「神曲 天堂」第十六曲を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回はものすごく難しい内容でした。ダンテの曽祖父が、家系のことを語っています。なぜ家が没落したのかを、説くんですが……。婚約破棄とそれに引きつづく事件というのがですね、フィレンツェ市全体の混乱につながったのだということを言うわけですよ。
 
 
家系の問題が、ついに家全体どころか、都市全体に悪影響を及ぼしたことだってあるんだという、うーん……。ダンテはそういう時代を描写する時に、こういう謎めいた言葉を残しています。「ああ血筋というものは、ただささやかな尊さをもつものだ。情に流されるこの世で、血筋があがめられてしまうのも無理は無い。ほんとうの愛のゆきわたる天にあっても私は血を誇りに思う。しかし血統の誉れよ、汝は縮むマントだ。なにかをつねに継ぎ足さぬかぎり、そのようなものは時をつかさどるハサミで切り刻まれてゆく」

山川訳はこうです。
 
 
あゝ人の血統のただ小(ささや)かなる尊貴(たふとさ)よ、情の衰ふるところなる世に、汝人々をして汝に誇るにいたらしむとも

我重ねてこれを異(あや)しとすることあらじ、そは愛欲の逸(そ)れざるところ即ち天にて我自ら汝に誇りたればなり

げに汝は短くなり易やすき衣のごとし、日に日に補ひ足されずば、時は鋏はさみをもて周圍(まはり)をめぐらむ

 
「あゝ人の血統のただ小(ささや)かなる尊貴(たふとさ)よ」というこのダンテの一連の文章がどのように、世間からさげすまれてしまった、ある貧しい家のキリスト教徒に通じえたのか。そこのところを知りたいんだが、と思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/dante3_16.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)

iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら 横書きはこちら
 
 
全巻通読はこちら
http://akarinohon.com/dante/
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





ぐうたら戦記 坂口安吾

今日は坂口安吾の「ぐうたら戦記」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは戦後すぐに書かれたものです。坂口安吾が、戦時中(1937年の支那事変以降)どのような考えでいたのかを書いています。坂口安吾は超然としているというか達観していて、清沢洌や夏目漱石のように戦力の全体的状況をすでにちゃんと知っていて、しかも負けるに決まっている戦争が続いていることに、腹を立てなかったそうです。坂口安吾は戦時体制に非協力的で、戦時中に隣近所からさまざまな嫌がらせを受けつつも、こんなさぼり方をして戦後になるのを待った、と書いています。
 
 
 …………隣組の組長になれと云ふから余は隣組反対論者であると言つたら無事通過した。近所では(※坂口安吾のことを)キチガヒだと思つてゐるので、年中ヒトリゴトを呟いて街を歩いてゐるからで、私と土方のT氏、これは酔つ払ふと怪力を発揮するので、この両名は別人種さはるべからずといふことになつて無事戦争を終つた。
 
 
 私は規則には服し得ない人間で、そのために、子供の時から学校が嫌ひで、幼稚園の時からサボッて、道に迷つて大騒ぎをやらかしたりして、中学校まで全通学時間の約半分はひそかに休んでゐるのである。これは掛値のない実話です。
 
 
それで、溺れて死んでしまった少年を川の底から引き上げたときのことを書いています。どこか「銀河鉄道の夜」に共通している描写でもあり、非常に印象深い私小説だと、思いました。次の一文が印象に残りました。
 
 
 戦争になつてから、だんだん怒らなくなり、否、怒ることすらもできなくなり、その代り……
 
 
意外なことを書くんですよ。つづきは本文をご覧ください。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/gutara_senki.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





海潮音(1) 上田敏

今日は上田敏の「海潮音」その(1)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは、西洋の著名な詩人たちの詩を、上田敏が意訳した詩集なんです。ダンテとか、ポールヴェルレーヌとか、有名な詩人たちの詩をあつめたものです。今回から20回くらいかけて、これを紹介してゆこうと思っています。
 
 
今回は、イタリアのガブリエーレ・ダンヌンツィオの詩です。wikipediaを見てギョッとしたのですが、ファシズムに大いに関係のあった人らしいです。
 
 
上田敏は1905年(明治38年)にこれを出版しています。その十年後にガブリエーレダンヌンツィオは戦闘に参加し負傷します。上田敏は将来、ガブリエーレダンヌンツィオがまさか、ファシズムの先頭に立ってしまうなんて予想だにしていなかったと思います。wikipediaには詩人としてのダンヌンツィオについて「文学上の名声は、彼の政治活動の前に常に曇らされる運命にあった」と記されています。今、ほとんど誰も読んでいない詩人のようです。もうすこしこの時代のことを勉強したいなと、思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/kaichoon01.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





神曲 天堂(15) ダンテ

今日はダンテの「神曲 天堂」第十五曲を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回、ダンテの、ひいひいお爺さんが現れます。血の繋がっている、ご先祖さまが現れるんであります。キリストの次にいったいなにが出てくるんだろうかと思っていたら、そうきたかと思いました。とても詩的な表現が散りばめられていて読んでいて心地よかったです。
 
 
現実の血の繋がりのある人物との会話と、現世では縁の成立しなかった憧れの女ベアトリーチェとの対比が美しいと思いました。
 
 
情と知とは、そもそも同一の重さをもつものなのだが、現世ではそれぞれ、重さの異なる2つの翼となっている。そのため不平等というものを感じざるをえないとか、それからひいひいお爺さんが子孫に語る言葉がすてきなんです。子孫というのを、葉であるとたとえます。そして祖先というのは根っこを形づくっていると言うんです。自然界と人との呼応のさせ方がじつに詩人だと思いました。山川訳はこうです。
 
 
あゝわが葉よ。汝を待つさへわが喜びなりき、我こそ汝の根なりけれ。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/dante3_15.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)

iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら 横書きはこちら
 
 
全巻通読はこちら
http://akarinohon.com/dante/
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





貧しき信徒(14) 八木重吉

今日は八木重吉の「貧しき信徒」(14)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは「貧しき信徒」の最終巻です。幻想的な描写があって、いちばん最後の「無題」という詩がじつに印象に残りました。八木重吉は、人の顔のことについて、記しているんです。くわしくは本文を読んでみてください。こんな詩の言葉があります。
 
 
 翌朝眼がさめたとき
 別段熱は下がっていなかった
 しかし不思議に私の心は平らかだった
 
 
ぜひちょっと読んでみてください。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/mazushiki_shinto14.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





神曲 天堂(14) ダンテ

今日はダンテの「神曲 天堂」第十四曲を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
 
ついに天堂十四曲において、キリストが現れます。ダンテはこのキリストを、こう表現するんです。「あの十字架のところに居る、キリストのかがやく姿を、私はどう言葉にして良いか判らない。どのように、たとえることもできない」「しかし、わたしが言いよどんで沈黙してしまったことについて、キリストの教えを判っている人々ならば、許してくれるはずだ……」山川訳はこうです。
 
 
かの十字架の上にクリスト煌(かゞや)き給ひしかど我は適(ふさ)はしき譬(たと)へを得るをえざればなり
 
 
されど己が十字架をとりてクリストに從ふ者は、いつかかの光明の中に閃(ひらめ)くクリストを見てわがかく省(はぶ)くを責めざるならむ
 
 
ベアトリーチェの描写が美しかったです。
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/dante3_14.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)

iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら 横書きはこちら

全巻通読はこちら
http://akarinohon.com/dante/




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





ヂアロオグ・プランタニエ(対話) 岸田國士

今日は岸田國士の「ヂアロオグ・プランタニエ 対話」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは、ごく短い演劇の脚本なんですが、三角関係のことが描かれています。三角関係というと、漱石の小説を思い出します。漱石はなぜあんなに、なんの理由があって、戦争文学や国家間の争いなどを描かずに、男女の三角関係という個人的な問題を中心に置いて書いたのか。この謎がじつに興味深いんですが、そこがやっぱり近代現代文学の魅力なんだろうなあ、と思います。
 
 
「ヂアロオグ・プランタニエ 対話」は、ちょっとした短い作品なんですが、すごい生き生きとしたセリフに魅了されました。相手の男のことなんか、どうだっていいから、自分たちできちんと恋愛を選びとりましょうという、女二人の会話がすごいです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/jiarogu_purantanie.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選