山羊の歌(29) 中原中也

今日は中原中也の「山羊の歌」その29を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
高村光太郎と中原中也はかなり異なっていて、二者の詩を読んでいると、こんなにも違う詩になるもんだと毎回思うんですが、今回のはちょっとだけ、高村光太郎の詩に似ているんじゃないか、とか思いました。
 
 
高村光太郎は、心情とか心を率直に文字に書きあらわそうとする詩が多いです。中原中也はもっと物語的というか形而上的に詩を描きだします。
 
 
高村光太郎は鼓舞しはげますような詩の言葉を記すんですけど、中原中也は世界を巧妙に描写することが多い。今回の二者の共通項は、「空」を描いているからではないだろうかと思いました。そういえば昔と今とで変わらないのは空のようにも思えます。といっても、東京と北海道と沖縄では、空や星の様子がまったく違うから、時代によって空も変わると思うんですけど。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/yaginouta29.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
全文はこちら             (全文のヨコ書きはこっち)
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選