ハイネ詩集(5)

今日は生田春月訳の「ハイネ詩集」その5を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ハイネはゲーテの詩集を愛読したのだ……! ということが明らかに判る詩が記されていました。ゲーテは始めから終わりまで、そしてそののちもずっと偉大な詩人であり言論人であり続けたわけなんですが、ハイネはどうもそうじゃない。ハイネは政治的発言が原因で故郷を追放されたり、失意の中で詩を綴ったり、紆余曲折があるんですが……そのことが若き日の詩にもなんだか現れているような気がしました。
 
 
ゲーテの詩『あれ野の薔薇』と同時に読み比べてみると、なんだか面白いと思いました。
 
 
蒼ざめた花 というのが印象に残りました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine05.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選