ハイネ詩集(24)

今日は生田春月訳の「ハインリヒ・ハイネ詩集」その24を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ハイネの詩は判りやすい、というのがほかの文学者となにか違うところのように思えます。賢治やゲーテの詩は、謎めいている描写が巨大に存在していて、そこが美しいんだと思うんです。文学って謎がいっぱいあるからおもしろいんだと思うんですけど、ハイネの詩は、あっさりとしていて、見えやすいものごとが、よく描かれている。
 
 
ただ前回のローレライでもそうだったんですが、川や海を謎めいた存在として描きだすのが、このハイネ詩集の特徴なんだと思いました。
 
 
 やさしい人のやさしい腕に抱かれて
 わたしは海辺にやすんでゐる
 『どうしてそんなに風の音を聞いてるの?
 どうしておまへの白い手はふるへるの?』
 
 《それは風の音ではありません
 海の娘の歌です
 あれは昔 ………………
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine24.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選