風流 坂口安吾

今日は坂口安吾の「風流」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
坂口安吾は敗戦後6年(1951年)の日本中を旅して、今回の随筆を書いています。安吾は旅行者のまなざしで世界を見たのだと、言うんです。そこの迫力が凄かったです。安吾はこう書き記します。
 
 
 戦争の惨禍にうたれるよりも、たった敗戦の六年後には、焼けない都市の庶民住宅が焼跡のバラックよりも貧寒だという異様な発見に心の重たくなる方が切ない。
「異様なものを見てしまった」
 私はそう呟かずにいられなかった。
 だが、戦災都市の人々の多くは決してそう考えてはいないのである。
「焼けない前のこの町はキレイでした」
 どこの戦災都市でも人々の言うことはきまっていた。失われたフルサトがあなた方にとって母親と同じように大切で美しく胸に残っているのは当然だが、しかし旅行者の公平な目で見ると、そのような事実の存在は考えられないのである。戦災をまぬかれた都市の一様に悲しい庶民住宅を見れば、誰のフルサトの町だって、やっぱりそうだったと結論せざるを得ないであろう。
 
 
安吾は社会情勢を読み解くと同時に、芸術論も展開します。風流という概念について批判的に「風流の地盤は、強制に服する万全の用意、待望だ。己れを空しゅうするところに始まり、また、そこに終る。」と、論じています。安吾は自主的な改善を出来ない人々を「風流」だけで、その心情はいたずらに「鯛を食べた気持ち」になるだけで、じっさいに鯛を食べていないまま気持ちだけで空転を続け、文化的な地盤が無く「風流には大地に根のおりた足がない」と批判しつつ、安吾自身も「思えば私も半生の二分の一はそのような風流の迷路を辿ってきた。」と書くんです。
 
 
安吾は、風流を求めて己をむなしくするのは人の勝手だが、風流から説教がはじまり、それによって戦争や服従心に塗れた国策に雪崩れ込めば、ふる里全体が悲しい家となってしまうと、旅の記憶から芸術論に至って、さらに国家的な構造の歪みに論が発展してゆくのが凄かったです。
 
 
「なぜ世界一の必要があるのだろうか。みんながもッとシアワセになることを、この一番身近かなことを、なぜ真剣に考えることを忘れているのだろう」
 
 
じゃあ、どう考えたら良いのか、安吾はこういうヒントを書いています。
 
 
「風流の奥儀の重大な一項目、一教訓には、すみやかに忘れよ、とあるに相違ない。」
 
 
「惨禍を」「すみやかに忘却の淵へ沈め」るような風流人であってはイカンぞと、安吾は言うんです。詳しくは本文をお読みください。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/angofuryu.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本