ハイネ詩集(26)

今日は生田春月訳の「ハインリヒ・ハイネ詩集」その26を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
夕暮れに「日はまたもう一度あらはれて」という描写が印象的でした。いったん雲に隠れた夕陽が再び耀いたのか、地平線に沈んだ太陽がもう一度あらわれたのか。美しい情景が描かれる詩なんです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine26.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選