ハイネ詩集(35)

今日は生田春月訳の「ハインリヒ・ハイネ詩集」その35を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「今わたしはおまへのかはいゝ眼の / 輝くところに踏み止まる——」という詩の言葉がすてきな今回の作品なんですけど、これがいつ描かれたのかぼくには調べられなかったんですけど、どうも前後の詩から見ても、学校時代のことを大人になってから思いだしつつ描いているように思える。ハイネの描きだす、みずみずしい恋愛描写を、楽しんで読みました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine35.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選