ハイネ詩集(60)

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その60を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ハイネが、花は枯れてしまう、という詩をくりかえし描いている。みな季節とともに盛衰し、いずれもが移り変わってしまう。その中で、ハイネは変わらない愛を詩に記しています。
 

あゝ、わたしの心はこの曠野に似てゐる
そして彼方あそこに見えるあの木立
あの常緑とこみどりの木こそはおまへの姿だ
わたしのかはいゝ美しい妻よ!
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine60.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本