勝負事 菊池寛

今日は菊池寛の「勝負事」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
菊池寛と言えば、近代文学においてもっとも財を成した人物という認識があるんですけど、その文章を読んでいると、なんと言ったらいいのか、麻薬みたいに魅惑的なことを書くんです。ほんの数ページのエッセーなんですけど、これがあまたの本を売って巨大な財を成した人の、随筆だ、という感じがするんです。もっと読みたくなるというか、二度と会いたくない人の真逆というかなんというか……。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/shobugoto.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本