ゲーテ詩集(44) 生田春月訳

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳のゲーテ詩集(44)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ゲーテは世界全体に対する肯定の意識がすごいなと思います。「適合」という詩が印象的です。ぱっと目に映るものとか、ふつうに存在しているものについて、そこにゲーテのまなざしが投じられると、それがにわかに輝きだすというかなんというか。ただの石ころのように見えていた原石が輝きだすというかんじで。
 
 
今日もちょっと、これを翻訳した生田春月の詩をひとつ紹介します。
 
 
魂の家    生田春月  (詩集・烏賊の象徴より)

月の夜は、光の布(き)れで
なめらかな象牙を磨き、
長い手をつくり、
圓い足をつくり、
露をそそぎ、
雪をそそぎ。

闇の夜は、漆、烏羽玉、
黒曜の石を刻んで、
瞳をつくり、
髪をつくり、
夢をそそぎ、
涙をそそぎ。

日たけなは、レンズのもとに
火の色の珊瑚を伐って、
唇をつくり、
心をつくり、
血をそそぎ。
愛をそそぎ。

わがもてる凡てをささげ
願ひをこめ、願ひをこめ、
魂の家をつくりて、
いま、身は寂し、
風となり、
翼となり。
 
 
 
 
ゲーテは詩集にこう記します。
 
 
  深遠な意味を気軽に言ふところに
  かうした贈物の価値はある


 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/goetheanthologie44.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.