草みち 田山録弥

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は田山録弥の「草みち」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
田山録弥というのは田山花袋の別名というか本名です。この短編は、しずかな田舎でのできごとを書いているんですけれど、小津映画を見ているようなそういう雰囲気で読みやすかったです。
 
 
あまりこの本と関係無い話しなんですが、田山花袋はあの芥川龍之介とライバル同士というか方針がまったくちがっていて批判しあっていたそうです。先輩である田山花袋は芥川の「芋粥」や「手巾」などの作品を「どこが良いのか判らない」しどういうつもりで書いたのか理解しかねると評していて、芥川龍之介は田山花袋の作品のことを「感傷的」すぎてどうもイカンと記しています。この静かな小説の反対側にあるのは、たとえば芥川龍之介の「河童」じゃないかなと思います。
 
 
それがどうも芥川龍之介も田山花袋もお互いに晩年になってくると文学に対する姿勢に大きな共通点が出てきたらしいんですよ。お互いに別々の道を行き着くところまで行き尽くすと、似た境地に至るようなんです。
 


 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/kusamichi.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら 
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ★おすすめ書籍





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です