作品の倫理的批評 豊島与志雄

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は豊島与志雄の「作品の倫理的批評」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
豊島与志雄は、ヴィクトルユゴーのレミゼラブルを翻訳した作家さんです。
 
 
文学は批評性を養います、という随筆を読んだことがあって、つまりメディアや他人が言うことをなんでもかんでも信じてしまうというところから脱却するには、文学に親しむと良いんじゃないかと言う話を読んだことがあります。この随筆はごく短いものですが、文学を批評的に読むというのがどういうものか、ということが理解しやすい随筆だと思います。
 
 
豊島与志雄は、作り手本人よりも批判をする側に、倫理的な努力が足りない場合が多いと指摘しています。
 
 
それからぼくはしょっちゅうやってしまうんですが、物語の主人公への倫理的批評と、作者自身への倫理的批評はまったく異なっていて、これを同一視してはいけない、と豊島与志雄は言います。判ってはいるんですけどこれがむつかしい気がします。
 
 
主人公の善意とか悪とかそういうものだけじゃなくて、作品全体に通底する作者の思想なり意志というのを見ていって、そこで自分や作者の倫理ということを考えてゆく、というのが豊島与志雄の提案する、本への親しみ方なんだと思います。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/sakuhinno_rinritekihihyo.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.