黒猫 エドガー・アラン・ポー

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はエドガー・アラン・ポーの『黒猫』を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。これは加害の恐怖について描いた、かなり恐ろしい怪談です。恐怖ものが苦手な方は読み飛ばしていただいた方がよろしいかと思います。恐怖に関する物語には、主に2種類があると思います。被害者が感じる恐怖を描いたものと、加害者が実感する恐怖を描いたものです。「殺される」という恐怖を描くもの。それと「自分はいったいなにをしたのか」という恐怖を描くもの。この2つの恐怖が主であるかと思います。




アメリカの作家は特に、加害ということについてものすごく念入りに描いている作者が多いのではないかと思います。現代で言うとスティーブンキングの描く恐怖は、大きな暴力を選択しなければならなかった人間の苦悩が明確に描かれています。加害者側の心理をずーっと描いています。


ポーのこの黒猫という名作には、思考の限界を明らかに超えてしまった男が「理解不能な感覚」に襲われ、自我を崩壊させるという状態が描かれています。







http://akarinohon.com/center/kuroneko.html (ページ数 約30枚)




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です