死刑囚最後の日 ヴィクトル・ユゴー

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はビクトル・ユーゴーの『死刑囚最後の日』を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。



『死刑囚最後の日』は死刑制度の問題について、作家のユゴーが物語形式で思索していった作品です。ユゴーといえばなんと言っても、「レ・ミゼラブル」です。僕は子ども時代に児童書として翻訳されたものを読んで、これがいたく気に入りました。主人公はどろぼうなんですよ。良い奴なんだけどどろぼうの魂を持っている。パンが食べたくてパンを盗んだ。それで捕まって19年間投獄されてひどいめにあって。いろいろさんざんな人生を歩んで、とても心優しい司教さまに助けられて、一晩泊めてもらって、その時にですよ。銀の皿を盗んでしまうんですね。ジャンバルジャンは。ほんとうに人の情けというのを知ってですよ、ああ、救われたと思った時に、なんでかまたその司教さまから、銀の食器を盗んでしまうという、これは法律上の罪だけでなくて、魂の犯罪を犯してしまうわけです。ほんとうに感謝している相手に対して悪さをしてしまうという、どうしようもないことを何故かしてしまう。悪気があってやったわけではないんですが、悪をなしたわけです。そしてその罪が世間によって暴かれてしまう、という時に、心優しい司教さまが「その食器は彼にあげたのだ。そしてこの銀の燭台も、彼にあげようと思っていたところだ」ととっさに作り話をしてかばってくださるわけです。それでジャンバルジャンは号泣します。いやその場では泣かないわけですが、彼の魂が泣く。それで、こういう善意ある人が居るのなら俺だってまともになってやるとジャンバルジャンは奮起して、立派な人間になるわけです。話はそれでどんどんどんどん続くんです。「レ・ミゼラブル」を読んだことのない人はぜひ読んでみてください。良い翻訳があればいいんですが。




この「死刑囚最後の日」は、死刑になる人間の心情をリアルに追っていった作品です。死刑囚の物語が克明に描かれています。かなり深刻な内容ですから、この問題について考えてみたい時に、ぜひお読みになってください。ユゴーがなぜ死刑制度に反対しているのか。ユゴーが追った、死刑囚の社会的背景とその生活環境についてが詳細に語られています。





こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら

http://akarinohon.com/basic/shikeishu_saigono_hi.html


(約250頁 / ロード時間約30秒)

モバイル対応テキスト版はこちら




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

死刑囚最後の日 ヴィクトル・ユゴー” への1件のコメント

  1. ピンバック: レ・ミゼラブル(4) ユーゴー | 明かりの本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です