草紅葉 永井荷風

FavoriteLoadingお気に入りに追加


今日は永井荷風の『草紅葉』を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
これは、永井荷風が戦中戦後のことを思い出して書いた、ごく短い日記のようなものです。永井荷風と言えば断腸亭日乗という日記が有名で、これを42年間書き続けています。
それから『ふらんす物語』と『あめりか物語』が有名で、海外で様々な文化を吸収して日本に帰ってきた作家です。


フランスの文化にすっかり溶け込んで、その美しさを実感し、フランス語でものを考えるようになっていた永井荷風なのですが、その永井荷風がフランスから日本へ帰る途中、哲学上の恐慌状態におちいったことについて書き記した『悪寒』という短編があります。嫌悪感をきっかけとして、批判的立場で自分らの環境を眺めてゆく契機を見出すようになった、そうなのです。くわしくは永井荷風の『ふらんす物語』 をお読みください。


永井荷風は帰国後、結婚しないまま若い娼婦と恋愛をするということを続けていて、何人もの女と付き合って、美食と言うことにものすごいこだわりがあって、当時の「産めよ殖やせよ」「贅沢は敵だ」「欲しがりません勝つまでは」という国民の風潮と真逆の生活を繰り広げています。全国民の総意と、ぜんぜんちがうことをやる、しかも一人で、というのが迫力あるなあと思います。





http://akarinohon.com/center/kusamomiji.html (約20頁)








top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.