短歌 萩原朔太郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加



今日は萩原朔太郎の短歌を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。萩原朔太郎は、恵まれた幼少時代を過ごし、はじめ短歌を作り、のちに詩人となって「日本近代詩の父」と呼ばれるほど有名な詩人となりました。豊かな趣味と恋多き人生で、詩人になるために生まれたような人物です。

萩原朔太郎は、当時フランスに行きたくて仕方なかった。今はパッケージ旅行でフランスにいけたりする時代ですが、当時は知識人しか行けなかった遠い国です。現代で言えば宇宙に行くくらいたいへんな渡航だった。それで、そのフランスに行きたい、という情熱を萩原朔太郎は詩で表現して当時多くの共感を呼びました。




http://akarinohon.com/center/hagiwara_tanka.html (約40頁 / ロード時間約30秒)









top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

短歌 萩原朔太郎” への2件のコメント

  1. 過日はありがとう m(。・_・。)mございました
    お蔭で若菜集の音訳完成し 宮沢賢治の「祭の晩」と一緒に更新しました。
    哀歌の読み大丈夫かちょっと心配ですが。
    今日は萩原朔太郎の短歌と宮沢賢治の童話二つよみましたので後程
    音訳できたらしてみますね)^o^(

  2. 若菜集朗読の完成おめでとうございます。
    声を出して読むと内容が理解しやすいですね。
    目の調子が悪くて本が読みづらくなった方も、トキ子さんの音訳サイトを楽しめると思います。

    トキ子さんの朗読を、いま聞いているところです。
    http://www.geocities.jp/tokiko22111abc/newonyaku/newonyaku.html

    詩集ってやっぱり、朗読で聞くと気持ちが良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です