現代日本の開化 夏目漱石

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は夏目漱石の『現代日本の開化』を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
これは夏目漱石が真夏に行った講演会の記録です。

漱石がこの講演を行った頃は、西洋文明が日本にどんどんと流れ込んでいた時代です。漱石はその先頭にたって英語や英国文学などを多くの学生に教えています。西洋文化を取り入れる時に、いったい何に注意していればよいか。そういうことを熱心に考えていたのが漱石です。

文化や情報が一気に入ってくるということは、役に立つと同時に、害そのものでもある、と漱石は述べます。漱石が現代に生きていたら、どんなことを言うのかなあと思いながら一気読みしました。漱石は文明の急速な発展に対して、強い疑問を投げかけています。



こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/gendainihonno_kaika.html  (約60頁 / ロード時間約30秒)




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です