手紙 堀辰雄

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は堀辰雄の「手紙 美しい村ノオト」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
この作品は「美しい村・堀辰雄著」の、その巻末に併録された短編です。創作ノートというやつです。今度、本編の「美しい村」という作品もアップロードしようと思います。
 
 
堀辰雄は、ゲーテのファウストについてこう記しています。
 
 
  隱れ家で、私はゲエテばかり讀んでゐた。丁度私の手許にあつた飜譯を片つ端から讀んでいつた。こんな時には、ゲエテの言葉が私の心に一番よく利くのを知つてゐたからだ。
 
 
堀辰雄は、ファウスト第一部で描かれた、無垢な少女を破滅においやってしまった主人公の物語について「私は何んだか寒氣がした」と記し、それから第二部でファウストが草花咲ける野にて精霊たちと共にあって、困難を乗り越えてゆく描写について「私の心は急に明るくなりだした」と述べ、ヘレナが登場したシーンについて「私は心臟をときめかせながら讀んだ」と書いています。
 
 
また堀辰雄はゲーテの「詩と真実」を読み、その生涯においておりおり生じてきた創造力や神異力(ダス・デモオニッシュ)というものについて描かれている部分を読んで、「それまで私を苦しめてゐた、漠然とした不安が、突然、はつきりした形をとり出したやうに思はれた。私はその數頁を何遍も讀み返した」と書いていて、堀辰雄が好きになった一節というのを最後に書き記しています。くわしくは本文を読んでみてください。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/tegami_utsukushii_mura_noto.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です