北海道に就いての印象 有島武郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は有島武郎の「北海道に就いての印象」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは随筆です。1900年ごろの北海道のことを書いています。今から100年以上前の話なので、かなり現代の北海道と違うんだろうと思うんですが、移民を数多くうけいれるという風土は昔も今も変わっていないように思います。100年前に、半年間も雪に埋もれながらどういうように生活していたのか、室内の状況をもうすこし具体的に知りたいんですが、季節の変化における心情の描写が秀逸で、興味深い随筆だと思いました。
 
 
有島武郎はこう記します。
 
 
  空が雪を止度なく降らす時などは、心の腐るような気持になることがないではないけれど、一度春が訪れ出すと、その素晴らしい変化は今までの退屈を補い尽してなお余りがある。

  北海道の冬となると徹底的に冬だ。凡ての生命が不可能の少し手前まで追いこめられる程の冬だ。それが春に変ると一時に春になる。草のなかった処に青い草が生える。花のなかった処にあらん限りの花が開く。人は言葉通りに新たに甦って来る。



 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/hokkaidoni_tsuiteno_insho.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
テキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です