落語・教祖列伝 飛燕流開祖 坂口安吾

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は坂口安吾の「落語・教祖列伝 飛燕流開祖」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは、戦後すぐに書かれた創作落語なんですが、手塚治虫の戦争描写のようなギョッとする場面が描かれていて、時代性が色濃い物語だと思います。しかし娯楽作品なので、かなり面白おかしく書いています。十手使いの岡っ引きが、現代で言うと警官の使いっ走りが、みごとな体術で犯人をつかまえます。こんなにおもしろく書けて、しかも五十年以上たっても色あせないというのがすごいです。
 
 
岡っ引きというのは現代で言うとどういう人なんだろうと思ってwikiで調べてみると、非公認の警察協力者だ、と書かれていて驚きました。てっきり、警察組織の下っ端なのかと思っていましたが、そうじゃないんですね。賞金稼ぎみたいなもんで、警察と一般人とのちょうど中間に位置する存在のようです。悪人と一般人とのちょうど中間に居るんです。
 
 
中盤で「くらすける」という単語が出てくるんですが、これは山形や福島の方言で、ぶんなぐるという意味だそうです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/04hienryu.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です