大きな蝙蝠傘 竹久夢二

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は竹久夢二の「大きな蝙蝠傘」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは、雨の降るのを用心して傘を持ち歩いている少女のちょっとした物語なんです。
 
 
当時は天気予報が無かったんだなーと感じて、ふと思ったのですが、地震予報はそろそろ実用化の段階まで精度が上がりつつあるのだそうです。この前NHKの番組で見たんですが、未来の社会では、地震予報が放送されていることになっていて、これは架空のものでは無くて、もう少し先の未来で実用化されるものだそうです。そうすると、10年前の地震の話は、毎日傘を持ち歩く少女のように、ちょっと理解しにくいものになってしまうだろうなと思いました。それは1000年以上続いてきた地震への恐怖が減ると言うことでなんだかすごいことのように思えます。
 
 
科学が進歩するほど、災害の規模は大きくなってしまうのはもう、歴史が証明していて、こんごも人災や天災は減らないと思いますが、地震に関してはある程度被害の規模が縮小するんだと思います。
 
 
夕方も晴れるのに傘を持って歩いている人はほんとに減りました。子供のころは晴れの日に傘もって歩いてたんですが。いや折りたたみ傘が小さくコンパクトに進化したのかもしれませんが。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/okina_komorigasa.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です