神曲 天堂(3) ダンテ

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はダンテの「神曲 天堂」第三曲を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
地獄篇では森と闇と洞窟ということが主体となっていて煉獄篇では山を登ることが中心でした。今回の天堂篇では銀河と空と雲とが美しく描かれています。今回は月光天というところを旅します。
 
 
地獄篇では、他者の悪性がもののみごとに暴露されていて怖ろしかったのですが、天堂篇の住民はみな賢いので、今度は逆に主人公ダンテが、いろいろと叱られるということになってしまいました。これはじつに予想外な展開でした。
 
 
天堂の住民は、もはや姿形もかつての醜さが消え去ってしまい、美しくありつづけるのであります。いわば印象の世界という感じなのでしょうか。当然あって然るべき、望みや渇望や嫉妬というものも存在しないんであります。理論上の世界という感じがしました。しかし、書き割りの人格というわけではなく、彼女らは愛に包まれて存在している。
 
 
この天堂篇で学ぶことはおそらく、安寧とはいったいどういうものか、ということなんだと思います。彼女らはアヴェ・マリアを歌うのでありました。
 
 



 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/dante3_03.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)

iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら 横書きはこちら
 
 
全巻通読はこちら
http://akarinohon.com/dante/
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です