貧しき信徒(13) 八木重吉

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は八木重吉の「貧しき信徒」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
病床無題というのと、無題、という詩があって、これは連作であって独立したらもう詩にならないんじゃ無いかなと思いました。
 
 
「雨」という詩を読んで、ポールギャリコの「雪のひとひら」という小説を思いだしました。小説家が、一篇の詩から小説をおこすことは、これはあるだろうなと思いました。今回の詩は、どうにもさみしい詩でした。この作品は、次回が最終回です。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/mazushiki_shinto13.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です