神曲 天堂(14) ダンテ

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はダンテの「神曲 天堂」第十四曲を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
 
ついに天堂十四曲において、キリストが現れます。ダンテはこのキリストを、こう表現するんです。「あの十字架のところに居る、キリストのかがやく姿を、私はどう言葉にして良いか判らない。どのように、たとえることもできない」「しかし、わたしが言いよどんで沈黙してしまったことについて、キリストの教えを判っている人々ならば、許してくれるはずだ……」山川訳はこうです。
 
 
かの十字架の上にクリスト煌(かゞや)き給ひしかど我は適(ふさ)はしき譬(たと)へを得るをえざればなり
 
 
されど己が十字架をとりてクリストに從ふ者は、いつかかの光明の中に閃(ひらめ)くクリストを見てわがかく省(はぶ)くを責めざるならむ
 
 
ベアトリーチェの描写が美しかったです。
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/dante3_14.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)

iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら 横書きはこちら

全巻通読はこちら
http://akarinohon.com/dante/




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください