神曲 天堂(16) ダンテ

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はダンテの「神曲 天堂」第十六曲を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回はものすごく難しい内容でした。ダンテの曽祖父が、家系のことを語っています。なぜ家が没落したのかを、説くんですが……。婚約破棄とそれに引きつづく事件というのがですね、フィレンツェ市全体の混乱につながったのだということを言うわけですよ。
 
 
家系の問題が、ついに家全体どころか、都市全体に悪影響を及ぼしたことだってあるんだという、うーん……。ダンテはそういう時代を描写する時に、こういう謎めいた言葉を残しています。「ああ血筋というものは、ただささやかな尊さをもつものだ。情に流されるこの世で、血筋があがめられてしまうのも無理は無い。ほんとうの愛のゆきわたる天にあっても私は血を誇りに思う。しかし血統の誉れよ、汝は縮むマントだ。なにかをつねに継ぎ足さぬかぎり、そのようなものは時をつかさどるハサミで切り刻まれてゆく」

山川訳はこうです。
 
 
あゝ人の血統のただ小(ささや)かなる尊貴(たふとさ)よ、情の衰ふるところなる世に、汝人々をして汝に誇るにいたらしむとも

我重ねてこれを異(あや)しとすることあらじ、そは愛欲の逸(そ)れざるところ即ち天にて我自ら汝に誇りたればなり

げに汝は短くなり易やすき衣のごとし、日に日に補ひ足されずば、時は鋏はさみをもて周圍(まはり)をめぐらむ

 
「あゝ人の血統のただ小(ささや)かなる尊貴(たふとさ)よ」というこのダンテの一連の文章がどのように、世間からさげすまれてしまった、ある貧しい家のキリスト教徒に通じえたのか。そこのところを知りたいんだが、と思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/dante3_16.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)

iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら 横書きはこちら
 
 
全巻通読はこちら
http://akarinohon.com/dante/
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です