海潮音(3) 上田敏

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は海潮音(3) 上田敏を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回の詩はじつに奇妙に神秘的なものでした。こんなのです。
 
 
 …………珊瑚の森にほの紅く、
 ぬれにぞぬれし深海の谷隈の奥に透入れば、
 輝きにほふ虫のから、命にみつる珠の華。
 
 
ジョゼ=マリヤ・ド・エレディヤ(1842-1905)という、キューバ生まれフランス育ちの、詩人の作品です。日本ではほとんど知られていない詩人だと思うんですが、全作品を読んでみたいです。
 
 
 輝きにほふ虫のから、命にみつる珠の華
 
 
そもそも、海の珊瑚礁を描いているのに、森の奥底を描くように記している。海の底に虫のからがあったりするんだろうか、海の底が濡れているとはじつに神秘的な表現だ、と思いました。小説でこういう文が入っているとしたら、いったいどういう物語なのか、といろいろ空想をしました。このほかに日本のことを描いた詩があるんです。黄金の山があると噂されていたその頃に、ヨーロッパから熱帯の海を越えて日本を目指す、海の男が描かれています。
 
 
難しい字を調べてみました。

ほかい〔ほかひ〕【祝ひ/寿ひ】
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/203231/m0u/

忽ち
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/137128/m0u/%E5%BF%BD%E3%81%A1/

ヂパンゴ(ジパング)
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/100012/m0u/%E3%82%B8%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B0/
 
撓る(しわる)
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/113239/m0u/%E3%81%97%E3%82%8F%E3%82%8B/
 


 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/kaichoon03.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.