神曲 天堂(20) ダンテ

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はダンテの「神曲 天堂」第二十曲を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回は、非常に興味深い人物が登場します。トロイア人のリペウスという人物なのですが、これはとても不思議な登場人物なんです。すこぶる存在感がありました。というのも、この神曲では基本的に、キリスト教の描く天国を記していっているわけなのですが、リペウスはちっともキリスト教徒では無いんです。リペウスは生前、キリスト教と無縁だった。しかし天国のかなり重要なところに住んでいて、重大な仕事をしている。
 
 
人々の中に鳥が一羽混じっていて、言葉を話しているような衝撃があって、主人公ダンテは思わず「これはどういうことなのですか?」と聞く。
 
 
作家ダンテの思い描くキリスト教の世界観では、決まりごとを破るほどの、強い愛や信念というのがあって、たとえ見た目上は信仰とまったく無縁なものであっても、人生を終えるまでのある瞬間に、キリストのことを真に思い、信じ、キリスト者となった者は居るのだというのでした。地獄から現世に戻り、この天国にまで辿りつくことになった者さえいる、という展開でした。なんだか親鸞の教えとか、ギュンターグラスの人生とかを無意味に想起しました。例外というのがあるんだ、ということを主張するダンテが、なんともかっこ良かったです。
 
 
人間全体の知識の不完全さを実感し、そして未来の見えない自分であっても、甘美な安らぎを感じる瞬間は訪れうる、というダンテの描写にしびれました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/dante3_20.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)

iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら 横書きはこちら
 
 
全巻通読はこちら
http://akarinohon.com/dante/
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください