神曲 天堂(24) ダンテ

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はダンテの「神曲 天堂」第24曲を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回、天堂にて、大いなる晩餐というのが催されます。ファンタジックな描写で、まるでハリーポッターの食事シーンはこの天堂篇二十四曲を参考にしたのでは無いかと思うほどでした。キリスト教の儀式は、どこか幻想的な方法に似ているところがあるのかもしれないなと思いました。
 
 
それから、ダンテは再び三段論法の誤謬にかんする理解と、詭弁家に悪い活動をさせないための教育について書いていて、ダンテは哲学がほんとに好きだったんだなと思いました。
 
 
ダンテはまた、信仰について、こう述べます。「わたしは唯一にして永遠の神を信じている。信仰について、哲学上の証明をしたというだけではない。モーセの書や、さまざまな福音書や、古典を読んで、信じることを学んだ」山川訳の、この一文が印象に残りました。
 
 
愛と願ひとをもてすべての天を動かしつゝ自ら動かざる神を信ず
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/dante3_24.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)

iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら 横書きはこちら
 
 
全巻通読はこちら
http://akarinohon.com/dante/
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です