文学好きの家庭から 芥川龍之介

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は芥川龍之介の「文学好きの家庭から」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これはごく短いエッセーです。芥川龍之介が、どうしてあんなに上手い小説をたくさん書けたのか、その謎がほんのちょっとだけ判るような気がしました。芥川龍之介が育った家そのものが、いかにも小説家が出てきそうな家だった。この随筆を読むと、芥川龍之介はどうも幼い頃からの神童だったようです。
 
 
芥川の作品と言えば、やはり、「蜘蛛の糸」とか「トロッコ」とか「地獄変」とか「羅生門」それから「藪の中」が有名です。好きな方はぜひ読んでみてください。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/bungakuzukino_kateikara.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です