神曲 天堂(27) ダンテ

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はダンテの「神曲 天堂」第二十七曲を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
天堂でもはげしい非難というのが存在します。聖ピエトロは、法王の地位を不当に奪った者たちを批判するのであります。
 
 
今回の描写は、じつに映像的で、白の世界から紅にうわっと変化します。しかもその描写がまさに詩で、朝明けに空と雲が紅くなる、それを描いています。あー、映画で見たい、と思いました。ハリウッドかカンヌかどこかで映画化してくれないかなと思います。神曲地獄篇は正直、映像で見たくないものの代表なんですが、煉獄篇と天堂篇はじつにビジュアルとして興味深いです。とくに煉獄篇の山を登るシーンは、現代の映像作家がよく原典とするものだと思います。
 
 
今回、地獄篇では徹底されていた「批判」というのが天堂でもさまざまにおこわなれるのですが、ついに導女のベアトリーチェまでもが、本格的な批判を行うんです。第九天を見ようとしない人々に対して、怒るのです。めったに怒らない人の、この批判的態度に驚きを禁じ得ないのでありました。
 
 
また、法王の名を騙る偽の宗教者に対して厳しい批判がなされています。ベアトリーチェはこう語ります。
 
 
ああ欲よ、汝は人間を深く汝の下に沈め、ひとりだに汝の波より目を擡(もた)ぐるをえざるにいたらしむ
意志は人々のうちに良花(よきはな)と咲けども、雨の止まざるにより、眞(まこと)の李(すもも)悪しき実に変る
 
 
導女ベアトリーチェは「信仰と清純は、子どもたちの中にしか存在しなくなった」と言うのです、思いだしてみれば、幼い頃はたしかに清純だった。子どもの中に真理がある、と述べています。導女は、天が順境をもたらすときに、正しい道をゆき、花の開いたのちには、ゆたかな実をもたらすでしょうと、主人公に囁きます。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/dante3_27.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)

iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら 横書きはこちら
 
 
全巻通読はこちら
http://akarinohon.com/dante/
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください