神曲 天堂(31) ダンテ

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はダンテの「神曲 天堂」第三十一曲を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ついにダンテ神曲も、残すところあと3回となりました。祝福された人々は、天においては、まっ白な薔薇のように中空に並んでいるのであります。人々は花のようで、天使は花々をゆきかうミツバチのように描かれるので、ありました。
 
 
天堂の導き手であるベアトリーチェさえもが、ダンテを離れ、遙か上方の居るべき場にたたずみます。まさにクライマックスは近いなという感じです。
 
 
ダンテは、祝福された世界をぞんぶんに見渡し、喜んでベアトリーチェを見つめようとします。しかし、導き手である彼女はすでにダンテとの別れの段階に入っており天のはるか上方に位置している。それは深海から宇宙のはるか高みを見つめるかのようだったが、たしかにベアトリーチェはそこに居た。このきわめて遠いのに、はっきりと見えるという描写が、亡くなった女への正直な心情なんだろうと思い、感銘を受けました。
 
  
導女の代わりに、ダンテに呼びかけるのは、慈しみの父のような姿の、老人です。老翁は、ベアトリーチェの居場所を指し示します。そうしてダンテは、はるか天の高みにいるベアトリーチェに語りかけます。
 
 
「あなたは私を救うために、地獄の底までわざわざ来てくださった」ダンテが女に云うのでした。「あなたは、私を、奴隷から自由の身にした。あなたは私の魂を癒した」
 
 
生前、ベアトリーチェはごく普通の、淑女でした。なにか歴史的に特別な存在では無かった。しかしダンテにとってはどのような歴史的人物よりも重大な、なにものにもかえがたい異性だったのでした……。それからダンテは、聖母マリアを見つめます。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/dante3_31.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)

iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら 横書きはこちら
 
 
全巻通読はこちら
http://akarinohon.com/dante/
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です