海潮音(12) 上田敏

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は上田敏の海潮音その12を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回は、シェイクスピアの詩です。さまざまな花が、お嫁にゆくわけでも無いのに、そこはかとなく美しい。今は見ることのできない鳶尾草(イチハツ)の美しさよ……という詩です。
 
 
クリスティーナ・ロセッティの「花の教」における、百合と菫草と、それから薔薇の言葉は、じつにみごとでした。わずか1ページほどの詩ですので、ぜひお読みください。
 
 
むずかしい言葉を調べてみました。

﨟たし

ジュノウ(ユーノー)

鳶尾草(イチハツ)

しょんがいな(しょんがえ)
 
窺う(窺へば)

聡い
 


 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/kaichoon12.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です