草枕(6)夏目漱石

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は夏目漱石の「草枕」その6を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
静まりかえった宿を表現するのに、じつに雅な書き方をしています。人の気配が、自然界の中へ溶け込んでいって消えてしまったような描写です。原文は、こうです。
 
 
  今日は一層ひとしお静かである。主人も、娘も、下女も下男も、知らぬに、われを残して、立ち退いたかと思われる。立ち退いたとすればただの所へ立ち退きはせぬ。かすみの国か、雲の国かであろう。あるいは雲と水が自然に近づいて、かじをとるさえものうき海の上を、いつ流れたとも心づかぬ間に、白い帆が雲とも水とも見分け難きさかいただよい来て、ては帆みずからが、いずこにおのれを雲と水より差別すべきかを苦しむあたりへ――そんなはるかな所へ立ち退いたと思われる。
 
 
主人公の画家は、世間についてこう考えています。利害の生じる関係の中で生きていると、恋はうらみを生む。目に見える富は、土くれのようなものだ。名声や賞讃は、こざかしい蜂が生む甘い蜜のように見えて、針を捨て去る蜜のようなものだ。原文はこうです。
 
 
  利害の綱を渡らねばならぬ身には、事実の恋はあだである。目に見る富は土である。握る名と奪えるほまれとは、小賢こざかしきはちが甘くかもすと見せて、針をて去る蜜のごときものであろう。
 
 
すぐれた詩人・画家は、モノをとらえるのでは無く、そのモノじたいになる、と男は記しています。胡蝶の夢ではないですが、描かれる対象に、のりうつるというか、それになる。そういう画家が、風景画を描く場合はもう、すごいことになってるなあ、と思いました。宮沢賢治の「ひのきとひなげし」を思い出しました。たしかに漱石が指摘しているように、これはただモノを見て描写しているのでは無くて、あきらかに風景の内部の、そのひとつひとつの生きものへ、すっかりと入りこんでいます。
 
 
写実画から宗教画、その後の印象派、それから抽象画から現代美術という展開をした絵画の歴史を、漱石がみごとに捉えていて興味深かったです。漱石は実名をあげずに絵画論を展開しているんですが、パウルクレーの絵画についての、可能性について論じているような気がしました。あ、あと蕪村の絵について書いています。
 
 
男は、こういう心境で居ます。「余が心はただ春と共に動いている」旅に出て、ただ良いところで一人ゆっくり休んでいる。そのじつに気持ちがいい、というところを、みごとな詩で、漱石が描いています。興味のある方は、この章だけ読んでみてください。
 
 
きれいな女が、同じところをいくたびか通りすぎてゆく。謎めいた描写が美しかったです。
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/kusamakura06.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください