海潮音(13) 上田敏

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は上田敏の海潮音その13を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回は、ダンテの詩なんですが、ダンテといっても、「神曲」や「新生」を書いた文学者のダンテ・アリギエーリでは無いです。ダンテ・ロセッティーという名前の画家の作品です。ロセッティーは、同じ名を持つダンテ・アリギエーリを尊敬していて、新生に登場するベアトリーチェを描いているんです。ロンドンのテート・ギャラリーに所蔵されている、この絵です。
 
 
Dante_Gabriel_Rossetti_Beata_Beatrix+ ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ作 ベアタ・ベアトリクス 1863年頃
 
 
なぜ、ダンテ新生のベアトリーチェをこんなに美しく描いたのかというと、ロセッティー自身の人生に於いても、ダンテアリギエーリと共通する経験があったから、のようなんですよ。それを知って、この絵がますます好きになりました。
 

この海潮音という詩集では、ロセッティーの恋の歌が掲載されています。ちょっと難しい翻訳なんですが、「春の貢」という詩の風景描写が、恋人への心情と共鳴していて、美しかったです。こんな詩です。
 
 
仰ぎてまなこ閉ぢ給へ、いざくちづけむ君が面、
水枝みづえ小枝こえだにみちわたる「春」をまなびて、わが恋よ、
温かきのど、熱き口、ふれさせたまへ、けふこそは、
ちぎりもかたきみやづかへ、恋の日なれや。
 
…………
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/kaichoon13.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です