海潮音(17) 上田敏

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は上田敏の「海潮音」その17を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回は、アンリ・ド・レニエの作品です。鬱憂の森をえがいた詩で、ダンテ神曲『地獄篇』の第一文目に共通するような描写でした。ダンテの神曲の冒頭には、こう記されています。
 
 
われ正路を失ひ、
人生の覊旅半にあたりてとある暗き林のなかにありき
あゝ荒れあらびわけ入りがたきこの林のさま語ることいかに難いかな、
恐れを追思にあらたにし
いたみをあたふること死に劣らじ、
されどわがかしこに享けしさいはひをあげつらはんため、
わがかしこにみし凡ての事を語らん
 
 
アンリ・ド・レニエの「銘文しるしぶみ」にはこう記されています。


高樫たかがし寂寥せきりようの森の小路よ。
岩角に懈怠けたいよろぼひ、
きり石に足弱あしよわ悩み、
歩むごと
きしかたの血潮流れて、
木枯こがらし颯々さつさつたりや、高樫たかがしに。
ああ、われみぬ。
 
 
上田敏の翻訳は、なにか非常に独特な音の響きの調節があって、今回は
高樫たかがし寂寥せきりようの森の小路よ。」
赤楊はんのき落葉らくようの森の小路よ。」
金色こんじき砂子すなごの光」
というように、「…の…の」という音の響きの繰り返しが、印象的でした。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/kaichoon17.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です