戦争中止を望む 伊丹万作

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は伊丹万作の「戦争中止を望む」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
いま、若い人たちが、戦争反対のデモをやっていて、ネットや都心で大変な盛り上がりがあって、さらには東大の教授や文化人が数多く賛同の声をあげていて、これはすごいなと思います。それで、自分でも戦争についての本を読もうと、第二次大戦中の書物を読んで戦争の時代を学んでみようと思って、青空文庫を調べていました。
 
 
戦前戦中の有名な本というと、太宰治の小説『薄明』『待つ』『たずねびと』『十二月八日』『未帰還の友に』などがあります。また1作1作読んでみようと思います。
 
 
あるいはその1つ前の時代の、漱石の『三四郎』で語られた国家観があり、与謝野晶子の晶子詩篇全集に収録された『君死にたまふことなかれ 旅順の攻囲軍にある弟宗七を歎きて』があり、それから黒島傳治がシベリア出兵を描いた「渦巻ける烏の群れ」は、これは戦争体験そのものを描いて、戦争の実態を伝えているものです。
 
 
戦中の時間軸については、wikipediaの『十五年戦争』という頁が、判りやすかったです。戦争の終局が近づく1945年の初頭に、伊丹万作はこの随筆を書いています。本文には、このように記されています。
 
  現在の日本は政治、軍事、生産ともに行き当りばったりであり、万事が無為無策の一語に尽きる。
 
  冷静に客観的に事態を注視せよ。我らには勝利に縁のある材料は何一つありはしない。
 
  日は一日と状態を悪化せしめる。今ならばまだ外交工作の余地がある。明日になればそれももうどうなるかわからない。今ならば我方に多少の好条件を確保する可能性がある。
 
 
原発の崩壊後にも、日本から原発輸出計画を立て、安全は確保されていないまま再稼働に突き進む現代にも、読み直されるべき随筆だと思いました。『戦争責任者の問題/伊丹万作 著』も併せてお読みください。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/senso_chushio_nozomu.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です