坊っちゃん(7) 夏目漱石

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は夏目漱石の「坊っちゃん」その(7)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
男は下宿を引き払うんですが、自分の荷物をまとめて出ていったは良いが、行くあてがまったく無い。江戸っ子が行ききったらこうなるのかなと思いました。主人公は、宵越よいごしの金を持たないどころか、宵越しの宿さえ持たないつもりでいる。行き当たりばったりで今日の住み家を決めてやろうと考えている。
 
 
そういえば漱石は、正岡子規と四国の一軒家で一緒に暮らしていたし、漱石自身がこうあらゆるところを放浪しているという感じがします。主人公はけっきょく、同僚教師のうらなり君を尋ねて、新しい住処をさがします。それで、老夫婦萩野さんの空き部屋に下宿させてもらうことになった。
 
 
今回で、ほぼ全てのキャラクターが語られているのですが、性格の書き分けが非常にハッキリしていて、じつに読みやすいなあと思いました。主人公は人づきあいに悩みながら、道後温泉にゆくのでした。
 
 
主人公は、故郷の清おばあさんのことをぼんやり考えている。そのうち、清から長い手紙がとどく。下宿のおばあさんは、いなかの結婚話をしてから、マドンナという女のことを教えた。マドンナはうらなり君(古賀先生)と結婚する約束をしたはずなのだが、ちょっと実家の騒動があって貧乏になってくると、婚約がだんだん怪しくなってきた。そこに、教頭の赤シャツがしゃしゃり出てきた。その赤シャツに抗議したのが、山嵐(堀田先生)です。いったいどうなるのか……。
 
 

 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/bocchan07.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら  (全11章通読はこちら 前編 後編 )
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です