観画談  幸田露伴

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は幸田露伴の「観画談」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。幸田露伴は1867年に生まれた小説家です。西鶴などの江戸文学にくわしく、「五重塔」「連環記」などの小説が有名です。永井 荷風が私淑していた作家らしいです。荷風は幸田露伴を尊敬していて、露伴の思想や作品を熱心に読解していました。


この観画談は歳をとってから勉学をはじめた生真面目な男の話です。
 
 



こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/kangadan.html
(約55頁 / ロード時間約30秒)
 





top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.