待つ 太宰治

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は太宰治の「待つ」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
最近ニュースや文芸誌で、なにかと太宰治が話題になっているなと思って、今回から、太宰治が戦争についてどのように表現したかを追ってゆきたいなとおもっています。戦後になってから登場した作家には、戦争文学を書いた方が多いんですが、戦時中にリアルタイムでその時代について描き、反戦主義や共産主義というレッテルを張られることもなく、特高からの逮捕もまぬがれ、また戦争を賛美もせず、さらに戦後中国でもっとも読まれた作家というのは、太宰治しか居ないんです。
 
 
15年戦争のさなかに、「逆光」や「女生徒」などが発表され、ナチスドイツがポーランドに侵攻し第二次世界大戦が勃発した時期に、「駆込み訴へ」や「走れメロス」が発表されています。戦争への肯定や否定は直接書いていないんですが、その時代の気配を如実に反映しているのが、太宰治なんだと思います。
 
 
ある戦時中の哲学の授業で「主戦主義者にも反戦主義者にもどちらにも、明らかに役立つような知識を伝えることこそが、重大だ」という考え方を述べていたのを、本で読んで、なるほどと思ったんですが、太宰治の書き方というのはやはり中庸であったからこそ、戦争の時代に多くの小説が書けたんだろうなあと思いました。1933年初頭、ヒトラーがドイツの首相に就任し、ファシズムが本格化する時代に、日本では小林多喜二という作家が特高に拷問死させられ、第二次大戦中には中野重治など数多くの作家が「アカ」ということで捕らえられ転向を強要され……という時代に、どうやって小説が書けたんだろうか……という謎を感じます。時代背景を調べつつ、同時に小説を読んでゆくと、印象がかなり変わるなあと、思いました。
 
 
この「待つ」という作品は、ごくごく短い掌編の小説なんですが、戦時中に、幼い少女がどのように考えて生きているか、そのところがリアルに描写されています。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/matsu.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

待つ 太宰治” への2件のコメント

  1. お久しぶりです^^
    太宰治の戦争表現ということで、「十二月八日」も準備中?…と思いながら、読ませていただきました。
    太平洋戦争開戦の日の主婦の日記という体裁で、『婦人公論』昭和17年2月号に掲載された短編です。
    「待つ」も「十二月八日」も、語り手は女性。
    太宰は男性作家だけれど、女性独白体で戦争を表現する…という点も興味深いです。

    •  まちこさん、書き込みありがとうございます。太宰治には女性の視点が明確にあって、戦争の時代に文学を描き続けられた、というのがすごいと思います。先日、中国人で日本文学研究をされている方の話を聞く機会があって「太宰治は、戦後中国でもっとも読まれた作家だ」と言っておられて、戦時中に書かれたものが大半なのに、文学は時代や国境を越えるものなんだなあ、と感じました。

       まちこさんの書いた「まちこの文机」の、泉鏡花や樋口一葉の現代語訳、とても楽しく読めました。私は漱石や太宰治は現代的な言葉づかいなので、すんなり読めるんですが、樋口一葉になると文体がむつかしすぎて、解説書や現代語訳とセットじゃ無いと今ひとつ読めないんですよ。まちこさんみたいに丁寧に、一文一文、古典に接することができたら良いのになあ、と思いながら、精進中です。まちこさんのニフティーのメールアドレスにも、おてがみ送らせていただきました。「明かりの本」の文章を読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です