災難雑考 寺田寅彦

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は寺田寅彦の『災難雑考』を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
これは、事故後に再発を防ぐにはどうしたらいいのか、というお話しです。
僕はつい2日前、完全に風邪をひいてしまったのですが、これも事故と同じで、防げるはずなのに失敗してしまった例であると思います。


僕はここ数年、ずっと健康だったんです。ちょうど4年くらい前にすごい風邪をひいてしまって、再発を防ぐために自分で風邪の原因を調べてみたんです。医者が書いた本であるとか、自分の体験をもとにして、箇条書きで健康の秘訣みたいなのを書いて、注意していました。それが4年経ったらもう完全に忘れていました。


僕はこんなメモを残していたんですよ。
◎ 身体を冷やさないことが大切だ、とよく売れている医学者の本に記してある。
◎ 毎日、軽い運動をする。
◎ 部屋を清潔にして、加湿器などで乾燥を防ぐ。
◎ 運動不足ぎみの時は、とつぜん激しい運動をすると、かえって不健康になる。
◎ 冬はなるべくあたたかいものを食べる。睡眠時に体を冷やすと危ない。


他にも、人混みの中で不快だった日は寝る前にお風呂であったまったほうが良いとか、便秘や下痢にならない食事がどんなものかを調べてメモしています。これらのメモをいつも注意していると、けっこう風邪をひかずに済んだんです。それが4年経ってすっかり忘れてしまっていました。約束事を忘れて、真冬の雪の中をえんえん歩いて体を冷やし、ほとんど運動をしていなかったのに急にはげしい運動をしてしまい、部屋が不潔になっていて乾燥しまくっていることに気付かず、睡眠中にものすごく体を冷やしてしまったのでした。

記憶力の良い人なら一度おぼえたことを忘れないんだと思うんですが、僕はどうも忘れっぽいのでやっぱり再読が必要だなあ、と思ったのでした。





こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/sainan_zakko.html
(約22頁 / ロード時間約30秒)
 





top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.