氷屋の旗 石川啄木

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は石川啄木の「氷屋の旗」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは啄木の、数ページの随筆です。
石川啄木と言えば、詩人で、歌集「一握の砂」の
 
 
はたらけど はたらけど猶 わが生活くらし楽にならざり ぢつと手を見る
 
 
が、ものすごく有名なんですけど、そういう詩人が、随筆を書くと、こうなるのか! と驚きました。
石川啄木は、夏のことや、怒りの心情について描いています。
 
 
これは……読んでるだけでこう、緊張感のある文章でした。自分が使っているものと同じ日本語とは思えなかったです。日本語は時代によっても、業界によってもまるっきり言葉づかいや言葉の意味が変更されていて、じつに多様だなあーと思いました。逆に蛸壺化しやすかったのが、戦前の日本語だったんだろう、と思いました。啄木は、なにか上手く動くことができない、という心情を描いています。数年前の夏を思い出しました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/kooriyano_hata.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です