言いたい事と言わねばならない事と 桐生悠々

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は桐生悠々の「言いたい事と言わねばならない事と」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
戦時中に軍を批判し、仕事を失った新聞記者の桐生悠々氏の随筆を、ちょっと紹介してみます。批判をするということが禁じられると、日本は、出口の無い混迷につねに陥ってきたように思えます。
 
 
「言いたい事」というと、山本五十六の「苦しいこともあるだろう。云い度いこともあるだろう。……」というのを思い出すんですが、太平洋戦争の序盤の指揮をとった山本五十六は、じつはアメリカ留学を行ったことがあって、多くの日本人の感覚とは違っていて日米戦はどうしても避けるべきだと主張したことがあり、日本が負けるに決まっていることが戦争前から判っていたようです。しかし、1年くらい戦っておれば、いずれ和平交渉になって、日本の国土は守られる、というような完全に間違った予測というのが軍や政府の中であったようで、その全体の意向に引きずられて、日本は滅びる大戦に突き進んでいったようです。
 
 
桐生悠々氏は、発言をすることによって仕事と暮らしを妨害される、という状況下で、どのように語ることにしたかを、書きしるしています。言いたいことはこらえざるを得ないけれども、どうしても必要だということについては、なにがあっても言わねばならない、ということを書いています。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/iitaikoto.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です