赤いろうそく 新美南吉

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は新美南吉の「赤いろうそく」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは、山の動物たちを幻想的に描いた、童話です。1度目によんで、えっ? これで終わり? と思ったのですが、繰り返して読むと、この物語の映像が思いうかんできてすこぶる良かったです。
 
 
新美南吉は、とくにオチのところを簡素にしているんですけど、それがそのぶん、想像力を刺激される名作だと思います。みんなが小さな炎を見つめている、というところの絵が、詩的な情景として立ち上がってきました。猿のとまどっている顔や、鹿のしんとした姿が思いうかびました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/akai_rosoku.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です