発明小僧 海野十三

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は海野十三の「発明小僧」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは、ちょっと短めの本なんですが、児童向きの辞書みたいになっていて、ちょっと面白いんです。いろんなアイテムについて記されています。古い文学作品は、自然界との関係性を濃密に描きだしているところに最大の魅力があるとおもうんですが、やはりいちばんの欠点は、現代の本と比べていちじるしくユーモアに欠けるという点だと思うんですけど、これはかなりそこが、良いんですよ。子どもの頃の、ガチャガチャとか本やおもちゃの付録とかについてくるような、じつに怪しげなアイテムについて、海野十三が書いています。
 
 
後半には、戦時中の翼賛体勢と軍事力の増産について書いているのがちょっといかにも残念なんですが、地面を凍らせて大量の漏水を地下に閉じ込めることが可能だと考えた現代科学者と、ほとんど同じようにあり得ないことを、この発明小僧が創案していて、驚きました。50年くらいむかしは「小説なんか読んでいたら悪い人間になる……」と、良く言われていたそうですが、もしかするとこの海野十三がそういう風潮を図らずも造成したんではなかろうかと妄想しました。こんなひどいオモチャを、海野十三の本を読んだ半世紀前の子どもたちが自作していて、いろんな悪さをしていたんでは、なかろうかと思いました。泥をはねて人様の服を汚すような自動車に、ペンキをぶちまける、子どものための爆弾。その作り方などが記されています。このアイディア、コンビニの防犯ボールとして現代でも使われているなあ……、と思いました。
 
 
小学校の低学年の頃に、違法駐車している自動車を雑草だけで破壊するための、禁断の技、というのが流行っていて、これで車を爆発させる夢想をしていた、というアホな出来事を思いだしました……。じっさいには爆音がするだけで、ちょっと車の調子が悪くなるだけなんですけど。
 
 
今後はもう少し、海野十三の本を読んでゆこうと思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/hatsumei_kozo.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です