作家と孤独 中原中也

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は中原中也の「作家と孤独」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは短い随筆なんですけど、名文だと思います。詩人の随筆ってほんとなんかすごいんですよ。内容以前に文体が美しくて、繰り返し読んでしまいました。作家の顔は、青ざめている……のか、たしかにそうかもしれない、と思いました。
 
 
文章を書きつづけると、人体に物理的な害があるんでは無いかという、疑いをもっているんですけれども、どうなんでしょうか。デスクワークをはじめたころに、ちょっと体がいかれてしまって、これはおそらくそういう姿勢とか長い行為が、人体を衰えさせるんではないかと思ったことがあります。年をとったらますますそうで、運動と体操は、けっこう重大だなとか思っています。ぼくはインテリでも無いのに青ざめていて、それは知性も足りないのに体力も足りないと言うことで、そりゃイカンワと思いながら、散歩とか室内ラジオ体操とかをしています。
 
 
100年前と現代とで、ずいぶん変わったのは、インテリに長命の人が増えた、ということだと思います。芥川龍之介も太宰治も、小林多喜二も宮本百合子も、正岡子規も漱石も、活動の期間がやはりどうにも短いんですよ。ぼくは個人的には、芥川や小林多喜二が長生きしたときの、その作品を本当に読んでみたいです。
 
 
「作家と孤独」は、結びがとくに美しい随筆です。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/sakkato_kodoku.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です