蝉の子守唄 島崎藤村

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は島崎藤村の『蝉の子守唄』を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
島崎藤村の「若菜集」を読み終えたので、こんどいつか藤村の傑作『夜明け前』を読んでみたいんですけど、今は漱石に夢中なので、またのちのちに読みたいと思います。
 
 
今回のこの『蝉の子守唄』というこれは、ただの子守歌なんですけれども、島崎藤村がいちからつくったのか、島崎藤村が民間の歌にセミを入れてアレンジしただけなのか、よく判りません。誰もが知っているフレーズが入っている歌なんですよ。確実にほとんどの人が知っている、フレーズだと思います。
 
 
いろはにほへと、とか、あいうえおかきくけこ、くらい聞きなれた普通の文章なんですけれども、もし藤村がこれを一からつくったとしたら、空気になるくらい誰もが知っているものを作った人になるなあと思いました。
 
 
世の中でもっとも素晴らしい発明家は、車輪そのものを世界ではじめて作った人だ、と良く言われるそうなんですが、しかしあまりにも素晴らしすぎて、誰が一番はじめだったか、判然としないのでした。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/semino_komoriuta.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です